2011年07月29日

【福島県内在住ならどなたでも参加可能!】キッズ・ホームステイプロジェクト in 西伊豆

いよいよ8月。夏休みも本番ですね。

今日は、「子どもを旅行に連れて行ってあげたいけど、まだ行く先が決まっていない」という、福島県内にお住まいのママ・パパさんに耳寄りなお知らせです!

 お子さんと一緒に、「キッズ・ホームステイプロジェクト in 西伊豆」に参加してみませんか?

ビーチで海水浴をしたり、バーベキューをしたり…。地元の人たちとのふれあいを楽しんだり。
思いっきりリラックスした5日間の旅を満喫してみましょう。

 西伊豆町のご厚意で、参加費はひとり2800円のみ。(自由行動の場合の諸経費は別)
 まだまだお申し込みを受け付けているようですので、ぜひご参加くださいね!

  詳細とお申し込みは、「キッズ・ホームステイプロジェクト in 西伊豆」のホームページをご覧ください。

http://khp311.org/

※こちらのホームページには「南相馬在住の方」とありますが、福島市内の方なら参加可能です。

posted by 子ども全国ネット at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

東京大学アイソトープセンター長の児玉達彦教授が、怒りに声を震わせ政府・東電の怠慢を糾弾

「東大教授=御用学者」というイメージがすっかり定着していましたが、こんなに心ある教授がいらっしゃるのだと、この動画を見て胸が熱くなりました。

 東京大学アイソトープセンター長の児玉達彦教授は7月27日、参議院 厚生労働省委員会での冒頭意見陳述に立ち、怒りに声を震わせながら政府と東電の怠慢な姿勢を糾弾しています。

 事故から4ヶ月以上立った現在でも、政府や東電が汚染状況を細かに計測・公表していない状況や、農家や酪農家への対応の遅れ、さらには、子どもたちを安全地帯へ速やかに避難させていない現状をなどを次々と指摘し、「7万人の人が自宅を離れて彷徨っているときに国会はいったい何をやっているのですか!」と、国民の声を代表するような鋭い指摘を行っています。ぜひご覧下さい。


posted by 子ども全国ネット at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども全国ネットからのおしらせ