2011年09月22日

東京電力の会計規則を改正することへのパブリックコメント本日締め切り

本日22日が締め切りですが、
経産省が、東京電力の会計規則を改正することについて、
パブリックコメントを募集しています。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620111033&Mode=0


東京電力会計規則の改正は東電の救済はもちろん、
今後原発事故が起きた場合の損害賠償が全て電気料金に上乗せされる仕組みだそうです。

意見のある方はすでに意見書が作成されていて
この意見書に賛同されるのであれば、それを添付して送る方法が
書かれているサイト「エネこみ」http://enecomi.com/wordpress/?p=271
があります。

パブリックコメントは民主主義的かつ合法的な手続きです。
本来の民主主義は国民の声がどんな大臣よりも官僚よりも一番強いのです。
国民の無関心が、法外な食品暫定基準値を半年たってもそのまま起用し、
来年には原発再稼動などと、まるで人工知能が判断しているとしか思えない
政府の対応につながっているのではないでしょうか。

8月27日に締め切られた、厚労省が募集した食品暫定基準値へのパブリックコメントは
3000通近くが集まり食品安全委員会の統一見解が8月中に発表されることになっていたのに
まだ審議が続いているようです。

ぜひ皆さんのご意見を政府に届けていきましょう。

posted by 子ども全国ネット at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども全国ネットからのおしらせ