2011年10月07日

10/8.9【世界自然・野生生物映像祭in東京&トークセッション】

「世界自然・野生生物映像祭in東京」の開催と共に、
いのちか電気か。もう一度、いのちの尊さを考えようと、『水素爆発』の上映と、
原発反対福井県民会議の小木曽美和子さんと原子力情報資料室の西尾漠さんによる
トークセッションの開催が実現!

地球映像ネットワークは、1993年に創設された特定非営利活動法人(NPO)です。
設立の目的は、自然や生き物たちの生態をとらえた映像を通じて、
自然の素晴らしさや生き物たちの生命の営みを伝え、自然保護への関心と理解を高めることにあります。
また、日本だけでなくアジアの自然・野生生物の映像作家を育てることも目指しています。

地球映像ネットワークは設立年の1993年から2年に一度、富山を拠点に、
「世界自然・野生生物映像祭」を開催してきました。
今年は、未曾有の被害をもたらしている東日本大震災が起こり、
悲劇的な状況の中で開催すべきか否か悩みましたが、
このような状況にあってこそ、これまで自然と生命の素晴らしさと尊厳を訴え続けてきた
映像祭を開催すべきだと決意し、8月4日から7日までの4日間、富山国際会議場にて、
第10回目(20周年)を迎えた世界自然・野生生物映像祭を開催しました。
そこで受賞した作品のいくつかを、10月8日(土)・9日(日)の2日間、
東京ウィメンズプラザ(最寄駅:表参道)にて上映する「映像祭in東京」を行います。
また、特別企画として、『水素爆発』の上映と、原発反対福井県民会議の小木曽美和子さんと
原子力情報資料室の西尾漠さんによるトークセッションを行います。

◆映像祭in東京に関して

「世界自然・野生生物映像祭」は、ワイルドスクリーン(英国)、ジャクソンホール・ワイルドライフ・フィルム・フェスティバル(米国)の姉妹映像祭として、2年に一度富山県で開催されています。
毎回、世界の50以上の国と地域から400本を超える最新のワイルドライフ映像が集まり、期間中、その中から選ばれたノミネート作品の上映、そして海外からの映像作家やゲストの皆さんが映像とともに「地球の今」を語ってくれます。
今年、2011年8月4日から7日までの4日間、第10回目の映像祭が富山で開催され、大成功を収めました。
世界トップレベルの素晴らしい自然や野生生物の映像は、国境や文化や言葉をこえて感動を伝える大きな力です。
日ごろ見ることができない大自然のドラマ、ひたむきな生命の営み。そして、この地球こそ、すべての生命がつながっているただ一つの「青い惑星」であると教えてくれるでしょう。
感動が感動を呼び、輪が広がれば、自然を守り、野生生物と人間の未来を切り開く道となるに違いないと私たちは信じます。

今年は、過去最高の世界53の国や地域から459本の作品の応募があり、グランプリを始め、合計31の受賞作品が選ばれました。
10月に開催される「世界自然・野生生物映像祭in東京」では、それら受賞作品や過去の応募作品の中から選りすぐりの映像を2日に分けて、13本上映します。

日時: 2011年10月8日(土) 〜9日(日) 2日間
場所: 東京ウィメンズプラザ(表参道駅B2出口から徒歩7分)
入場料: 無料
ウェブサイト: http://www.naturechannel.jp/JWFF/JWFF2011/in%20tokyo/Tokyo2011.html


◆『水素爆発』上映並びにトークショー

日付: 10月8日(土)
時間: 13:00〜

プログラム(表・裏).pdf
posted by 子ども全国ネット at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

2011年10月01日

【締め切り迫る!】渡利の子どもたちを放射能から守れ!

国が特定避難勧奨地点の検討を行っている福島市・渡利地区での新しい動きです。

10月5日、住民有志が、国および市に対して要望書を提出しました。2日間のみのよびかけにも関わらず渡利・小倉寺・南向寺の113名の住民の署名が集まりました。

10月8日の19時から、渡利小学校で、特定避難勧奨地点指定に関する国・市の説明会が開かれます。説明会は渡利の一部の住民にしか知らされず、ここで国・市から一方的に「勧奨地点に指定せず」の説明が行われる可能性もあります。

全国から、署名に参加してください!渡利の子どもたちを守りましょう。

署名フォームはこちら  >http://goo.gl/oLJm4
紙のフォームはこちら  >http://dl.dropbox.com/u/23151586/111005_watari_yousei.pdf

第一次締め切り:10月8日(土)朝9:00
第二次締め切り:10月末日

渡利の子どもたちを放射能から守るために
渡利周辺の特定避難勧奨指定及び賠償に関する要望書

私たちは、渡利周辺の住民、とりわけ子どもたちを放射能から守るために以下を要望いたします。

1.渡利周辺の特定避難勧奨地点について、世帯ごとではなく、地区全体として指定すること

2.特定避難勧奨地点の指定に際して行う詳細調査について、山際の一部地域だけでなく、地区全域において再度実施すること、1cmの高さでの線量や屋内、側溝や用水路を含め、測定ポイントを増やすこと、土壌汚染についても調査すること

3.子ども・妊婦のいる世帯について、伊達市や南相馬市の例にあるように、一般の基準よりも厳しい特別の基準を設けること

4.積算線量の推定及び避難勧奨指定に際しては、原子力安全委員会の通知に従い、全ての経路の内部被ばくと土壌汚染の程度を考慮に入れること

5.避難区域外からの「自主」避難者への補償、残った者への補償が確実に行われるようにすること、国及び市による立替払いを実施すること

6.指定に際しての説明会は、決定を通知する場ではなく、住民の意見を聴取する場とし、その結果を指定の検討に反映させること


呼びかけ団体/問い合わせ先:
・渡利の子どもたちを守る会
・子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
・福島老朽原発を考える会 阪上/090-8116-7155
・国際環境NGO FoE Japan 満田(みつた)/090-6142-1807

10/15 ウラジーミル・バベンコ氏来日 講演会 


『自分と子どもを放射能から守るには』
ベラルーシの経験を日本のみなさんへ 
 〜バベンコ氏来日講演のお知らせ〜


【ご案内】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本講演の申し込みは定員に達したため締切らせていただきました。
たくさんの方にお申込いただきありがとうございます。
当日参加はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
お申込された方は、当日会場受付へいらしていただき、名簿にて確認させていただきます。

また、満席になりましたので、お子さま用のお席はご用意できません。
お子さま連れの方は、あらかじめお断りさせていただきましたように、
親御さんの膝上にて対応くださいますよう、よろしくお願いいたします。


尚、Ustream配信いたしますので、おいでになれない方はどうぞこちらでご覧下さい。
「ウラジーミル・バベンコ氏講演会 Ustream番組」

午後はこちらです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


9月16日に刊行された『自分と子どもを放射能から守るには 日本語特別編集』の著者で、
ベルラド放射能安全研究所 副所長 ウラジーミル・バベンコ氏が、
ベラルーシから来日し講演会を開催します。

本書は、同研究所がチェルノブイリ原発事故以降、13年間の調査・実験データをもとに、
子どもたちを守るための冊子として無料配布したものを日本語訳、
また日本向けの情報を新たに加えた1冊です。

現地活動の経験を元に、日本のみなさんへ、あとで後悔しないために、
故郷で生きていくために、知るべきこと、やるべきことをお伝えします。

11318_自分と子どもを放射能から守るには.jpg
 『自分と子どもを放射能から守るには』

●日時: 2011年10月15日(土)9:30〜11:30 (9:00 受付開始)

●会場: 日本出版クラブ 3階 鳳凰 (〒162-0828 東京都新宿区袋町6番地)
     http://www.shuppan-club.jp/map.html

●講演者
ウラジーミル・バベンコ氏(ベルラド放射能安全研究所 副所長)

辰巳雅子氏(通訳・「ベラルーシの部屋ブログ」執筆者)

●定員: 200名

●参加費:無料

●主催:株式会社 世界文化社 http://www.sekaibunka.com/

●協力:子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク http://kodomozenkoku.com/

●講演者
ウラジーミル・バベンコ氏(ベルラド放射能安全研究所 副所長)

バベンコ氏スーツ.jpg

辰巳雅子氏(通訳・「ベラルーシの部屋ブログ」執筆者)

辰巳雅子.jpg


※この件に関するお問い合わせは下記アドレスまでご連絡ください。
 media@sekaibunka.co.jp (対応時間:平日9:30〜17:30)

posted by 子ども全国ネット at 18:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 子ども全国ネットからのおしらせ