2011年10月07日

10.15 子どもを守れ!ふくしま 郡山集会へ支援をよろしくお願いします!

疎開裁判の終盤を迎え、裁判所に多くの人の思いを伝えようと、
ふくしま集団疎開裁判の会が呼びかけ、集会を開きます。
子ども全国ネットでも、支援を呼びかけています。
これまで署名や陳情書へご協力いただいたみなさんも、ぜひここで
声を届けるべく、集会への参加や周囲への呼びかけをお願いします。

詳細はこちら→http://fukusima-sokai.blogspot.com/2011/10/blog-post_01.html

――14人の子どもを守る疎開裁判がふくしまの子どもを守る――
   裁判は大詰め、裁判所に私たちの思いを伝えましょう!
   JR郡山駅西口広場 10月15日(土)午後1時スタート
   チラシ→ 111015KoriyamaDemo-bill-2.pdf
   ネット中継→ USTREAM配信 IWJ Fukushima Ch1

ハイロアクション福島・武藤類子さんからの呼びかけ(動画:You Tube)
→ 10月15日郡山集会・デモへの参加
「ふくしま集団疎開裁判」弁護団(柳原敏夫)からの呼びかけ
→ ひとりひとりのつぶやきを大きな声と力に
科学者からの呼びかけ
→ 安斎育郎さん(安斎科学・平和事務所 所長)
   生井兵治さん(筑波大学元教授・植物遺伝育種学 5/31ニュースの深層 伊藤洋一さんとの対談「内部被ばく」)

◎当日の発言者
武藤類子さん(ハイロアクション福島)
中手聖一さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 代表)
佐藤幸子さん(福島子どものいのちを守る会 代表)
橋本好弘さん(須賀川)
菅澤邦明さん(兵庫県南部大地震ボランティアセンター)
名取知衣子さん(放射能から子ども達を守ろうみさと 代表)
酒井恭子さん(会津放射能情報センター)
駒崎ゆき子さん(郡山市議)
井上利男さん(ふくしま集団疎開裁判の会 代表)
柳原敏夫さん(ふくしま集団疎開裁判弁護団)
 
 全国のみなさん、3月11日からまもなく7か月、無残な姿を世界にさらす東京電力福島第一発電所の危険な状況はいまだに収束に向かうどころか、まったく予断を許さず、環境に放出された膨大な量の放射性物質による汚染の途方もない拡大が日ごとに明らかになりつつあるありさまです。

 各種ヨウ素やセシウムの広域拡散に続いて、今ごろになってプルトニウムやストロンチウムの広域拡散のごく一端が公表されました。放射線による外部被曝に加え、空中に漂うチリの吸いこみ、飲み水や食べ物による内部被曝の深刻な実態も汚染地域住民の生活と健康に暗い影を投げかけています。

 まるでブラックボックスのような食品流通機構などを通じて、内部被曝の危険は全国に広がりつつあるのではないでしょうか。行き場のない放射性汚泥やがれき、除去残土なども違法に運搬・投棄される恐れもあるはずです。

 市民生活が底知れぬ危険にさらされている一方で、政・官・財・学・メディア一体となった安全キャンペーンが相変わらず繰りひろげられています。9月30日にはあろうことか、事故原発20キロ圏に隣接する福島県5市町村にまたがる避難準備区域が、破壊されたインフラの復旧もなされず、放射能除染も実施されないまま指定解除されました。これは、都市経済圏を形成する福島県中通り地方のチェルノブイリ事故「移住強制区域」「移住権利区域」に匹敵する放射能汚染地帯の住民を放置する棄民政策意志の表れといっても過言ではないでしょう。

 その時、生命・健康を最も脅かされ、最も被害を蒙るのは放射能に対し感受性が高い胎児、乳幼児、そして子どもたちです。今すぐ健康障害が出ないとしても、未来に、少なからぬ確率で彼等に健康障害が発生するのは確実です。このような時、人権侵害を防止する使命を果すのが「人権の最後の砦」と言われる裁判所です。6月、郡山市の14名の子どもたちは、裁判所が原点に帰り「人権の最後の砦」としての使命を果すことを求め、福島地裁郡山支部に、郡山市を相手に年1ミリシーベルト以下の安全な場で教育を実施するよう求める裁判(「(通称)ふくしま集団疎開裁判」)を申し立てました。

 時あたかも、この裁判の判断がまもなく下されようとしています。
 この切迫した状況のなか、準備期間もじゅうぶんでないまま、わたしたちは下記のとおり郡山10月行動に打って出ることを決意しました。というのは、裁判所はいま、裁判の原点に帰り「人権の最後の砦」としての使命を果すのかどうかという試練の前に立っているからです。
 もし、裁判所が勇気を奮って初心を貫いたなら、14人の子どもの命を守るだけではなく、福島県の子どもたちの命を守る判断となるでしょう。そして、この裁判所の勇気と初心を支えるのは、この疎開裁判の正しさを支持する全国、全世界の無数の皆さんの存在にほかなりません。
 10月15日、疎開裁判の正しさを支持する皆さんの声を裁判所に届けて、多くの市民が「人権の最後の砦」である裁判所と共にあることを示そうではありませんか。この日、皆さん一人一人の参加と声が14人の子どもたちの裁判の行方を決めます。そして、皆さん一人一人の参加と声が福島県の子どもたちの行方も決めます。
 どうか、全国のこころあるみなさんのご賛同、ご支援、ご参加をお願いいたします。
  

              記
名称: 「ふくしまの子どもを守れ! 郡山デモ」
会場: JR郡山駅西口広場(JR郡山駅中央口前)
日時: 2011年10月15日(土) 13:00〜15:00
アクセス:電車=>JR郡山駅中央口を出た目の前。 
       車=>郡山市役所駐車場 路線バスで「市役所」から郡山
       駅下車(10〜15分)。
ネット中継:USTREAM配信 IWJ Fukushima Ch1

・ のぼり、バナー、プラカード、ポスター、ゼッケンなどを用意して集合。
・ 音楽ライブ♪ メッセージ、宣言に思いを込めて、デモに・・・!
・ 小雨決行(大雨中止) 雨具、それに被ばく対策! 各自ご用意ください。
・ 子ども・妊産婦の参加は、申しわけありませんが、ご遠慮ください。

主催:「ふくしまの子どもを守れ! 郡山デモ」実行委員会
        yuima21c@gmail.com(井上)
共催:ハイロアクション福島原発40年実行委員会
   子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
   子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク
   ふくしま集団疎開裁判の会
   会津放射能情報センター
   兵庫県南部大地震ボランティアセンター
   はっぴーあいらんど☆ネットワーク
   食政策センター ビジョン21
   福島原発事故からいのちと食を守るネットワーク
   こども東葛ネット
   動的平衡基金
   チェルノブイリ救援・中部
   にいがた有機農業推進ネットワーク
   食の安全と環境を考える会
協賛:脱原発福島ネットワーク
                           
     

10/8.9【世界自然・野生生物映像祭in東京&トークセッション】

「世界自然・野生生物映像祭in東京」の開催と共に、
いのちか電気か。もう一度、いのちの尊さを考えようと、『水素爆発』の上映と、
原発反対福井県民会議の小木曽美和子さんと原子力情報資料室の西尾漠さんによる
トークセッションの開催が実現!

地球映像ネットワークは、1993年に創設された特定非営利活動法人(NPO)です。
設立の目的は、自然や生き物たちの生態をとらえた映像を通じて、
自然の素晴らしさや生き物たちの生命の営みを伝え、自然保護への関心と理解を高めることにあります。
また、日本だけでなくアジアの自然・野生生物の映像作家を育てることも目指しています。

地球映像ネットワークは設立年の1993年から2年に一度、富山を拠点に、
「世界自然・野生生物映像祭」を開催してきました。
今年は、未曾有の被害をもたらしている東日本大震災が起こり、
悲劇的な状況の中で開催すべきか否か悩みましたが、
このような状況にあってこそ、これまで自然と生命の素晴らしさと尊厳を訴え続けてきた
映像祭を開催すべきだと決意し、8月4日から7日までの4日間、富山国際会議場にて、
第10回目(20周年)を迎えた世界自然・野生生物映像祭を開催しました。
そこで受賞した作品のいくつかを、10月8日(土)・9日(日)の2日間、
東京ウィメンズプラザ(最寄駅:表参道)にて上映する「映像祭in東京」を行います。
また、特別企画として、『水素爆発』の上映と、原発反対福井県民会議の小木曽美和子さんと
原子力情報資料室の西尾漠さんによるトークセッションを行います。

◆映像祭in東京に関して

「世界自然・野生生物映像祭」は、ワイルドスクリーン(英国)、ジャクソンホール・ワイルドライフ・フィルム・フェスティバル(米国)の姉妹映像祭として、2年に一度富山県で開催されています。
毎回、世界の50以上の国と地域から400本を超える最新のワイルドライフ映像が集まり、期間中、その中から選ばれたノミネート作品の上映、そして海外からの映像作家やゲストの皆さんが映像とともに「地球の今」を語ってくれます。
今年、2011年8月4日から7日までの4日間、第10回目の映像祭が富山で開催され、大成功を収めました。
世界トップレベルの素晴らしい自然や野生生物の映像は、国境や文化や言葉をこえて感動を伝える大きな力です。
日ごろ見ることができない大自然のドラマ、ひたむきな生命の営み。そして、この地球こそ、すべての生命がつながっているただ一つの「青い惑星」であると教えてくれるでしょう。
感動が感動を呼び、輪が広がれば、自然を守り、野生生物と人間の未来を切り開く道となるに違いないと私たちは信じます。

今年は、過去最高の世界53の国や地域から459本の作品の応募があり、グランプリを始め、合計31の受賞作品が選ばれました。
10月に開催される「世界自然・野生生物映像祭in東京」では、それら受賞作品や過去の応募作品の中から選りすぐりの映像を2日に分けて、13本上映します。

日時: 2011年10月8日(土) 〜9日(日) 2日間
場所: 東京ウィメンズプラザ(表参道駅B2出口から徒歩7分)
入場料: 無料
ウェブサイト: http://www.naturechannel.jp/JWFF/JWFF2011/in%20tokyo/Tokyo2011.html


◆『水素爆発』上映並びにトークショー

日付: 10月8日(土)
時間: 13:00〜

プログラム(表・裏).pdf
posted by 子ども全国ネット at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内