2011年10月23日

アースダイアログ 第二回 『セヴァンの地球のなおし方』 ミニ・ワールドカフェ付き上映会

  まだまだ参加受付中です!

アースダイアログ  子どもと未来について語ろう
第二回 『セヴァンの地球のなおし方』 ミニ・ワールドカフェ付き上映会
10月30日(日) 18:30〜21:30 (開場 18:00)



flyer.jpg


3.11後、子どもたちを放射能から守りたいと全国から次々と集まった人々が
つくりあげた「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」。
今年7月のキックオフ・ミーティング以来、子どもたちのための様々なプロジェクトが
立ち上がり活動の輪を広げています。

その全国ネットと、震災直後に「アースデイ東京タワー」というボランティア団体を
立ち上げ、被災地の支援を行なってきたアースデイ東京実行委員会が、
「アースダイアログ 〜子どもと未来について語ろう〜」(全七回)を開催しています。


第二回目は、10月30日 18:30〜 映画『セヴァンの地球のなおし方』を観て、
みんなで語り合いましょう。





第一部 『セヴァンの地球のなおし方』 (18:30〜20:30)


映画について

「どうやってなおすかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください」。
1992年、リオデジャネイロで開催された地球サミットで、12歳の少女、
セヴァン・スズキは大人たちに環境破壊を止めるよう訴えかけた。

その伝説のスピーチから、来年で20年。もうすぐ母親となるセヴァンは
「大切なのは生活の質と健康、そして子供。だから私は自己中心的に、
自分たちをどう救うかを考えていきたい」と、未来の子どもたちのために発言を続けている。
セヴァンが今、世界に伝えたいこと、そして彼女の声に呼応するかのように、
日本とフランスで傷ついた地球と向き合い続ける人々の姿を追ったドキュメンタリー。



予告編はこちらからご覧ください。






第二部 アースダイアログ(20:45〜21:30)

ファシリテーター:赤塚丈彦 他予定。

地球についての対話、それがアースダイアログです。
映画をみて感じたことを、ぜひ言葉にしてください。
今回は短めのワールド・カフェスタイルで語り合いましょう。


参加費: 1500円
定 員:  60名

※ワンドリンク付きです。また会場では、
通常のCafe Slowのお食事他のメニューもご用意していますので、
カフェ気分で対話をお楽しみください。


共催:子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク アースデイ東京実行委員会
協力:自然育児友の会・カフェ・スロー
地球環境基金助成事業



このトークイベントは、
来年の地球サミット2012(リオ+20)に向け、
3.11後の日本からの声を届けることを目的に
以下の予定で、来年3月まで月一回のペースで開催されます。
ここでの対話のエッセンスは、Japan Voice として
リオ+20送られる予定です。

・Rio+20 earth2012 地球サミット2012Japan
http://earthsummit2012.jp/home.html

・Earth Daialog
http://earthdialog.org/




「アースダイアログ 〜子どもと未来について語ろう〜」(全7回)


第一回 「子どもたちを放射能から守るために、今必要なこと」
9月24日(17:30〜21:00)

第二回 映画 「セバンの地球の直し方」
10月30日(18:00開場、18:30映画上映開始〜21:30)

第三回 「3.11後の子どもの食を守る」
こどもみらい測定所キックオフ!
11月26日(11:30〜15:30)

第四回 チャリティ・パーティ(予定)
12月17日(17:30〜21:00)

第五回 「新しい自然エネルギーの話」
1月14日(11:30〜15:30)

第六回 「未来の教育へ」
2月11日(11:30〜15:30)

第七回 「子どもたちの声を届けよう」
3月10日(11:30〜15:30)



お申し込みはこちらのフォームからどうぞ



posted by 子ども全国ネット at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども全国ネットからのおしらせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48428875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック