2011年10月18日

環境省が「放射性物質汚染対処特措法に基づく基本方針骨子案」等に対するパブリックコメント募集を開始

環境省は17日、東京電力福島第1原発事故を受け、来年1月に全面施行される
放射性物質汚染対処特別措置法に基づく廃棄物処理や除染の基本方針案について、
一般からの意見募集を始めました。
締め切りは10月26日で意見を踏まえ11月上旬にも閣議決定するそうです。

基本方針は、自然界からの被ばくを除いた年間の被ばく線量が1ミリシーベルト
以上の地域を環境相が汚染状況重点調査地域に指定し、市町村が除染実施計画を
策定することなどを定める内容。除染作業などに対しては国が財政措置を行うと
しています。


パブリックコメントは郵送・FAX・メールで送ることができます。
詳しくは以下、環境省ホームページでみることができます。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14327

皆さんのご意見を送ってください。

環境省が10月7日に通達を出し、4月にがれきの受け入れを表明した自治体には、これを拒否する選択肢が与えられない形のアンケート・締め切り10月21日が行われています。
詳しい内容はhttp://kodomozenkokunet.sblo.jp/article/48852836.html
posted by 子ども全国ネット at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども全国ネットからのおしらせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48971451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック