2011年09月21日

小宮山厚生労働大臣に、私たち母親の思いをお伝えしてきました

「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」のメンバーら11人が9月21日、厚生労働省を訪れ、小宮山大臣に対して私たち“母親たちの思い”を伝えました。

小宮山大臣.JPG


“母親たちの思い”とは、以下3点です。


1.食品暫定規制値の見直しを求めると共に、子ども・妊婦に特化した新たな規制値の策定が必要と考えています。
2.文部科学省と厚生労働省が連携して、給食のサンプリング計測・実態把握を徹底的に行うことが必要と考えています。
3.今後継続的に、子育て世代と協議する場を設け、政策に反映していくことが必要と考えています。



 福島第一原発の事故を受け、今私たちは“低線量被ばく”のリスクに日々さらされています。特に、放射線の感受性が高い胎児や子どもは、晩発性の癌や白血病のみならず、世代を超えて様々な障害がもたらされる可能性のあることが報告されています。
これらのことを鑑みた結果、ぜひ小宮山大臣には予防原則の観点に立ち、子どもと日本の未来を守るために、一緒に考えていただきたい。この点を、私たちは、強調してお伝えしました。


 これに対して大臣は、「私も子どもを育ててきましたし、小さい孫もいます。皆さんの気持ちよく分かりますので、しっかりと受け止めさせていただきたいと思います」と話された上で、「これからきちんとした食品規制値、基準値を作っていきますが、(子どもの方が影響を受けやすいということに関しては)食べ物を摂る量は子どもの方が少ないわけです。本当に安全なものにして欲しいという皆さんの気持ちはよく分かるのですが、しっかりとした妥当な数字を示さなければなりません。今後、しっかり検討していきます」とお答えになりました。


 面会は10分足らずで終了。私たちの思いを、すべてお伝えし切れたかどうか分かりませんが、必ず今後も、継続的に私たちとの対話の場を持ってくださると信じています。
そして、チェルノブイリ原発事故で被害を受けている子どもたちの事例にしっかりと目を向け、予防的原則に立って、子どもと日本の未来を守っていただきたいと切に願います。



≪低線量被ばくから子どもと未来を守ることについて 厚生労働大臣へのお願い≫
低線量被ばくから子どもと未来を守ることについて.jpg



posted by 子ども全国ネット at 19:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新情報&ニュース

2011年08月03日

☆おかんの日記☆


「おかん」。。。

関西での愛情いっぱいのおかあさんの呼び方です☆

男の子達は、だんだん照れが入る年になると、呼び方が、おかあさんから、おかあちゃんになり、

。。。。おかんになる。

「おかん」になったお母さんは。。。超強いです。。☆ 

311以降、全国の「おかん」は動きはじめた。。☆

何がなんでもあんたらを守るで。。。☆ 目には涙いっぱいでもあんたらを守るで。。。☆

大阪のおかんも、こんな日記を綴ってはります。。。☆

全国のおかん。。☆ つながっていこうな。。。☆

http://okaton.blog.fc2.com/blog-category-8.html



〜福島のひいばあちゃん〜 おかんの日記Aより〜〜



あんたにはひいばあちゃんが3人もおるんやで。

すごいなあ、女は長生きやなあ。


お正月に会った福岡のひいばあちゃん。
4月に会った高知のひいばあちゃん。
それから、まだ会ってない福島のひいばあちゃん。

あんたがもう少し大きくなって、
旅行もしやすくなったら、福島に会いに行こうと思ってたんやで。

でも、3.11の原発事故でそれはできへんようになってしもた。

ひいばあちゃんが住んでるのは、
福島原発から50キロのところにある福島県田村郡三春町。
三春滝桜という桜の名所で、春は観光客がいっぱいらしいわ。
おかんとおとんは、あんたが産まれる前にこの桜の名所に行ってきたんやで。
今度は、桜の季節に来たいなあて話してたんや。
おかんがひいばあちゃんと初めて会ったのは、2年前の夏。
おとんの実家から車で福島の三春へ向かって、着いたのは夜の10時頃。
ひいばあちゃんは、晩ごはんを一緒に食べようと待っててくれてん。
ひいばあちゃんは、87歳。
そんな歳やと思われへんくらいの食べっぷりでおかんは圧倒されてしもた。
夜の10時頃から3人で焼肉を食べたんやけど、
ひいばあちゃんはモリモリおかんより食べてたわ。

コレステロール値は?
血糖値は?
大丈夫?
と心配になるくらい(笑)。

そんなパワフルばあちゃんやからな、
今回の地震の後もあっけらかんとしてたわ。
地震の後に、おとんがひいばあちゃんに心配して電話したんや。
おとん 「ばあちゃん、東京に避難した方がいいよ。」
ばあちゃん 「大丈夫だぁ、食糧もあるし、ばあちゃんはごごで死ぬんだぁ。」

その後も原発事故の情報が出てくる度に、
おとんは何度もひいばあちゃんに電話した。
ひいばあちゃんはいつも「大丈夫だぁ。」と言う。


だけど、そんなひいばあちゃんも足が悪くてな。
移動するのは歳やから大変やねん。
だから、おかんとおとんがあんたを連れて福島へ行きたかったんやで。

でも、それもできんようになってしもた。

福島原発からまき散らされてる放射能は、
目に見えへんくらいちっちゃくって、
ちいちゃいあんたの身体に入っていっては、悪さしよるんや。
あんたの身体をちょっとずつ壊していくんやで。
おかんとおとんみたいな大人はええねん、
もう背ぇもおっきなれへんからな。
あんたの場合は、あんたがおっきなるたびに、
その壊された部分もな一緒なっておっきなるねん。
ほんで、それがひどい病気になってしまうんやわ。

おかんは思う。
原発っていうのは、放射能が怖いんやろか?
放射能に病気にさせられるのが怖いんやろか??
それもあるけど、おかんはもっと怖いことがあると思う。
おかんが一番怖いのは、
こうやっておかんたちが今まで大事にしてきた人間関係が
今まで通り続けられへんようになってしまうことやねん。
放射能を気にする人と気にしない人。
放射能から逃げる人と逃げない人。
大事な人に会えなくなってしまう人。
色んな人がおるけど、多くの人の人間関係が崩れてゆく。

そんな原発が、おかんはやっぱりいやや。
だから、おかんは「原発反対」なんやで。

〜〜おかんの日記Aより〜〜
posted by 子ども全国ネット at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報&ニュース

2011年07月28日

まもろう☆あかつぶ缶バッジ作戦はじまりました〜☆

子どもたちを放射能から守りたいと思っている方々なら、知らない人はいないかも?

柚木ミサトさんの赤いつぶつぶの絵 「まもろう」

momorou-s01-2.jpg

その「まもろう」が今、その言葉が呪文のように
ちちんぷいぷいとすっごく大活躍しそうな気配です〜〜☆

柚木ミサトさんの日記より☆


【あかつぶ缶バッジ作戦委員会】

「1人のお母さんが立ち上がり発足!
「イラストを使って缶バッジを作りたいのだけれど許可してもらえるでしょうか」って、
突然メールが来たのだわね。

バッジと交換したお金で、 ホールボディーカウンターを(被曝量を量る機械ね)
各地に買いたいんだって。

http://t.co/f6O5stA


福島、関東、周りに同じように心配してる仲間が居ればいいけど、
放射能の話しはタブーだったりするんだよね。

「あら、あなたも実は気になってたのね」

そんなサインになるといいなと、この缶バッジが生まれました。

赤いつぶつぶ缶バッジ.jpg

http://blog.livedoor.jp/akatubukan/

柚木ミサト全面的に応援しております。
あかつぶ缶バッジ一個200円でそのうちの100円は寄付になります。
この活動を、是非全国へ広げたいものです。

小さな子どもを抱えながら、たった1人で始めちゃいました。

すごいぜ!行動力!日本には勇気のある人がたくさん居ます。

すごく嬉しい事だと思う。
よければ応援してください。 」

缶バッジの仕様は以下のとおりです。

直径:約25ミリ
素材:スチール
ピン:のの字型ピン

<配布額>
寄付100円付きで200円での配布


<配布方法>
お手数をおかけいたしますが,
〒270ー0157
千葉県流山市平和台5丁目42−19
流山平和台郵便局留
あかつぶ缶バッジ作戦委員会 クボジュンコ

まで、以下のものを同封した封筒をご郵送ください。
○定型封筒1枚(往信分の切手をはり、送付先のご住所をご記入下さい。)
*10個以上のおまとめの場合には切手の貼付不要です^^
○ご入用の個数とご連絡先を書いたメモ書き
○ご入用の個数×200円の額面の郵便為替

コメント欄から「郵便で一式おくるよ!」と御連絡下さい。
その際、コメント欄でお使いになったハンドルネームをメモ書きのお名前の後にお書き下さい。
    
郵便口座、出来ました!

記号 10550  番号 22714651
アカツブカンバッジサクセンイインカイ

他金融機関からの振込の場合は,
店名 〇五八(読み ゼロゴハチ)
店番 058
預金種目 普通預金
口座番号 2271465







posted by 子ども全国ネット at 21:07| Comment(22) | TrackBack(0) | 最新情報&ニュース

2011年07月27日

文科省前行動〜区域外避難者・「自主」避難者にも正当な賠償を!

国際環境NGO FoE Japanより、呼びかけがあります!
【緊急行動】文科省前行動 〜区域外避難者・「自主」避難者にも正当な賠償を!


7月29日(金) 12:00〜13:15(予定) 文部科学省旧館前
※最寄駅:銀座線「虎ノ門」、千代田線・日比谷線・丸ノ内線:「霞が関」

原子力損害賠償紛争審査会に私たちの声を届けるため、緊急行動として、7月29日、第12回の原子力損害賠償紛争審査会の会場となる文科省旧館の前でアピール(横断幕、マイクアピール、チラシ撒き)を行います。行動には福島と首都圏から「自主」避難された方が参加します。また、そのあと、紛争審査会の会議を傍聴します。 行動に参加してください!

行動に参加してください!
ぜひみなさま、ご参加ください! 29日12:00に文科省旧館前にご参集ください。
プラカードなどで、「自主避難にも補償を!」とアピールしてください。

紛争審査会を傍聴
審議会は13:00〜16:00に文科省旧館にて行われます。傍聴においても、プラカードなどで、意見をアピールしてください。
審査会の傍聴は申込みが必要です。28日(木)14時までに、氏名、所属機関及び連絡先を文科省FAX:03-6734-4659、またはE-mail:genshi@mext.go.jp にてご登録下さい。

当日は、さよなら原発全国署名の提出・保安院交渉が参議院議員会館B107であります。
行動後、そちらに合流することもできます。

■趣旨
7月29日(金)に行われる原子力損害賠償紛争審査会において、福島原発事故における東電の補償について、中間指針(案)が提示されます。ここで避難区域外からの「自主」避難者に対する賠償が盛り込まれない可能性が高まっています。

水素爆発の恐怖から避難せざるを得なかった…家の中が放射線管理区域状態でとても子育てができる環境ではない…私たちが実施した意見書や、紛争審査会に提出した意見書には、避難せざるを得ない状況、二重生活、二重ローン、かさむ交通費、退職による収入減から生活は苦しく、補償が是非とも必要な実状が綴られています。また、避難したくてもできないでいる多くの人も、補償により道を切り開きたいと望んでいます。
>審査会宛意見:「私たちの声をきいて下さい!」p://www.foejapan.org/energy/news/pdf/110715_1.pdf
>「自主避難でアンケート実施」http://www.foejapan.org/energy/news/p110725.html


7月15日に行われた紛争審査会事務局との交渉では、避難者からこうした実状が訴えられ、意見書と合わせて「自主」避難者への賠償を求める要請書を提出しました。

しかし、紛争審査会は今、これを受け入れない方向で中間指針を出そうとしています。私たちは、事故後の状況、また汚染が深刻な広がりをみせている現状に鑑み、自主避難を余儀なくされた方々の声を直接、審査会に届けるため、今回の要請行動を実施します。

緊急行動として、会場となる文科省旧館の前でアピール(横断幕、マイクアピール、チラシ撒き)を行いたいと思います。行動には福島と首都圏から「自主」避難された方が参加します。

■呼びかけ団体(7月26日現在):
福島老朽原発を考える会
国際環境NGO FoE Japan
プルトニウムなんていらないよ!東京

■問い合わせ先:
国際環境NGO FoE Japan 満田夏花(みつた・かんな)携帯:090-6142-1807
(詳細はFoE Japan HPをご覧下さい http://www.foejapan.org/energy/news/evt_110729.html )
posted by 子ども全国ネット at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報&ニュース

食品暫定基準値「生涯被曝100ミリ」問題

本日の「東京新聞」「報道ステーション」で、
「生涯被曝100ミリ」問題が取り上げられました。
突出して高い現行の暫定基準を続けていく狙いがあるのではないかと報道され
ております。

東京新聞:http://p.tl/Qf3a
報道ステーション http://p.tl/CXob

旧ソ連は事故を受けて今の日本よりもずっと低い基準を定めてきました。

要するに、「生涯線量」にすれば、1年に数十ミリの被曝をしても、「基準以下」で
「安全」とする事ができることが懸念されています。

食品安全委員会は今後、広く国民の意見を求めたうえで、
8月下旬にも正式に答申をすると述べています。
正式発表の前に国民の声を届けたい。


食品安全委員会の意見交換会のご案内

     食品に関するリスクコミュニケーション
−放射性物質に係る食品健康影響評価についての開催について−

日時:平成23年8月2日(火) 10:00〜12:00

会場:安全委員会 中会議室
(港区赤坂5−2−20 赤坂パークビル22階 別添地図参照[PDF] )

募集人数:90名(先着順) ※どなたでも御参加いただけます。

詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/radio_tokyo_risk_annai230802.html

報道関係にも公開です。






 


posted by 子ども全国ネット at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報&ニュース