2011年10月07日

10.15 子どもを守れ!ふくしま 郡山集会へ支援をよろしくお願いします!

疎開裁判の終盤を迎え、裁判所に多くの人の思いを伝えようと、
ふくしま集団疎開裁判の会が呼びかけ、集会を開きます。
子ども全国ネットでも、支援を呼びかけています。
これまで署名や陳情書へご協力いただいたみなさんも、ぜひここで
声を届けるべく、集会への参加や周囲への呼びかけをお願いします。

詳細はこちら→http://fukusima-sokai.blogspot.com/2011/10/blog-post_01.html

――14人の子どもを守る疎開裁判がふくしまの子どもを守る――
   裁判は大詰め、裁判所に私たちの思いを伝えましょう!
   JR郡山駅西口広場 10月15日(土)午後1時スタート
   チラシ→ 111015KoriyamaDemo-bill-2.pdf
   ネット中継→ USTREAM配信 IWJ Fukushima Ch1

ハイロアクション福島・武藤類子さんからの呼びかけ(動画:You Tube)
→ 10月15日郡山集会・デモへの参加
「ふくしま集団疎開裁判」弁護団(柳原敏夫)からの呼びかけ
→ ひとりひとりのつぶやきを大きな声と力に
科学者からの呼びかけ
→ 安斎育郎さん(安斎科学・平和事務所 所長)
   生井兵治さん(筑波大学元教授・植物遺伝育種学 5/31ニュースの深層 伊藤洋一さんとの対談「内部被ばく」)

◎当日の発言者
武藤類子さん(ハイロアクション福島)
中手聖一さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 代表)
佐藤幸子さん(福島子どものいのちを守る会 代表)
橋本好弘さん(須賀川)
菅澤邦明さん(兵庫県南部大地震ボランティアセンター)
名取知衣子さん(放射能から子ども達を守ろうみさと 代表)
酒井恭子さん(会津放射能情報センター)
駒崎ゆき子さん(郡山市議)
井上利男さん(ふくしま集団疎開裁判の会 代表)
柳原敏夫さん(ふくしま集団疎開裁判弁護団)
 
 全国のみなさん、3月11日からまもなく7か月、無残な姿を世界にさらす東京電力福島第一発電所の危険な状況はいまだに収束に向かうどころか、まったく予断を許さず、環境に放出された膨大な量の放射性物質による汚染の途方もない拡大が日ごとに明らかになりつつあるありさまです。

 各種ヨウ素やセシウムの広域拡散に続いて、今ごろになってプルトニウムやストロンチウムの広域拡散のごく一端が公表されました。放射線による外部被曝に加え、空中に漂うチリの吸いこみ、飲み水や食べ物による内部被曝の深刻な実態も汚染地域住民の生活と健康に暗い影を投げかけています。

 まるでブラックボックスのような食品流通機構などを通じて、内部被曝の危険は全国に広がりつつあるのではないでしょうか。行き場のない放射性汚泥やがれき、除去残土なども違法に運搬・投棄される恐れもあるはずです。

 市民生活が底知れぬ危険にさらされている一方で、政・官・財・学・メディア一体となった安全キャンペーンが相変わらず繰りひろげられています。9月30日にはあろうことか、事故原発20キロ圏に隣接する福島県5市町村にまたがる避難準備区域が、破壊されたインフラの復旧もなされず、放射能除染も実施されないまま指定解除されました。これは、都市経済圏を形成する福島県中通り地方のチェルノブイリ事故「移住強制区域」「移住権利区域」に匹敵する放射能汚染地帯の住民を放置する棄民政策意志の表れといっても過言ではないでしょう。

 その時、生命・健康を最も脅かされ、最も被害を蒙るのは放射能に対し感受性が高い胎児、乳幼児、そして子どもたちです。今すぐ健康障害が出ないとしても、未来に、少なからぬ確率で彼等に健康障害が発生するのは確実です。このような時、人権侵害を防止する使命を果すのが「人権の最後の砦」と言われる裁判所です。6月、郡山市の14名の子どもたちは、裁判所が原点に帰り「人権の最後の砦」としての使命を果すことを求め、福島地裁郡山支部に、郡山市を相手に年1ミリシーベルト以下の安全な場で教育を実施するよう求める裁判(「(通称)ふくしま集団疎開裁判」)を申し立てました。

 時あたかも、この裁判の判断がまもなく下されようとしています。
 この切迫した状況のなか、準備期間もじゅうぶんでないまま、わたしたちは下記のとおり郡山10月行動に打って出ることを決意しました。というのは、裁判所はいま、裁判の原点に帰り「人権の最後の砦」としての使命を果すのかどうかという試練の前に立っているからです。
 もし、裁判所が勇気を奮って初心を貫いたなら、14人の子どもの命を守るだけではなく、福島県の子どもたちの命を守る判断となるでしょう。そして、この裁判所の勇気と初心を支えるのは、この疎開裁判の正しさを支持する全国、全世界の無数の皆さんの存在にほかなりません。
 10月15日、疎開裁判の正しさを支持する皆さんの声を裁判所に届けて、多くの市民が「人権の最後の砦」である裁判所と共にあることを示そうではありませんか。この日、皆さん一人一人の参加と声が14人の子どもたちの裁判の行方を決めます。そして、皆さん一人一人の参加と声が福島県の子どもたちの行方も決めます。
 どうか、全国のこころあるみなさんのご賛同、ご支援、ご参加をお願いいたします。
  

              記
名称: 「ふくしまの子どもを守れ! 郡山デモ」
会場: JR郡山駅西口広場(JR郡山駅中央口前)
日時: 2011年10月15日(土) 13:00〜15:00
アクセス:電車=>JR郡山駅中央口を出た目の前。 
       車=>郡山市役所駐車場 路線バスで「市役所」から郡山
       駅下車(10〜15分)。
ネット中継:USTREAM配信 IWJ Fukushima Ch1

・ のぼり、バナー、プラカード、ポスター、ゼッケンなどを用意して集合。
・ 音楽ライブ♪ メッセージ、宣言に思いを込めて、デモに・・・!
・ 小雨決行(大雨中止) 雨具、それに被ばく対策! 各自ご用意ください。
・ 子ども・妊産婦の参加は、申しわけありませんが、ご遠慮ください。

主催:「ふくしまの子どもを守れ! 郡山デモ」実行委員会
        yuima21c@gmail.com(井上)
共催:ハイロアクション福島原発40年実行委員会
   子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
   子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク
   ふくしま集団疎開裁判の会
   会津放射能情報センター
   兵庫県南部大地震ボランティアセンター
   はっぴーあいらんど☆ネットワーク
   食政策センター ビジョン21
   福島原発事故からいのちと食を守るネットワーク
   こども東葛ネット
   動的平衡基金
   チェルノブイリ救援・中部
   にいがた有機農業推進ネットワーク
   食の安全と環境を考える会
協賛:脱原発福島ネットワーク
                           
     

2011年10月01日

【締め切り迫る!】渡利の子どもたちを放射能から守れ!

国が特定避難勧奨地点の検討を行っている福島市・渡利地区での新しい動きです。

10月5日、住民有志が、国および市に対して要望書を提出しました。2日間のみのよびかけにも関わらず渡利・小倉寺・南向寺の113名の住民の署名が集まりました。

10月8日の19時から、渡利小学校で、特定避難勧奨地点指定に関する国・市の説明会が開かれます。説明会は渡利の一部の住民にしか知らされず、ここで国・市から一方的に「勧奨地点に指定せず」の説明が行われる可能性もあります。

全国から、署名に参加してください!渡利の子どもたちを守りましょう。

署名フォームはこちら  >http://goo.gl/oLJm4
紙のフォームはこちら  >http://dl.dropbox.com/u/23151586/111005_watari_yousei.pdf

第一次締め切り:10月8日(土)朝9:00
第二次締め切り:10月末日

渡利の子どもたちを放射能から守るために
渡利周辺の特定避難勧奨指定及び賠償に関する要望書

私たちは、渡利周辺の住民、とりわけ子どもたちを放射能から守るために以下を要望いたします。

1.渡利周辺の特定避難勧奨地点について、世帯ごとではなく、地区全体として指定すること

2.特定避難勧奨地点の指定に際して行う詳細調査について、山際の一部地域だけでなく、地区全域において再度実施すること、1cmの高さでの線量や屋内、側溝や用水路を含め、測定ポイントを増やすこと、土壌汚染についても調査すること

3.子ども・妊婦のいる世帯について、伊達市や南相馬市の例にあるように、一般の基準よりも厳しい特別の基準を設けること

4.積算線量の推定及び避難勧奨指定に際しては、原子力安全委員会の通知に従い、全ての経路の内部被ばくと土壌汚染の程度を考慮に入れること

5.避難区域外からの「自主」避難者への補償、残った者への補償が確実に行われるようにすること、国及び市による立替払いを実施すること

6.指定に際しての説明会は、決定を通知する場ではなく、住民の意見を聴取する場とし、その結果を指定の検討に反映させること


呼びかけ団体/問い合わせ先:
・渡利の子どもたちを守る会
・子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
・福島老朽原発を考える会 阪上/090-8116-7155
・国際環境NGO FoE Japan 満田(みつた)/090-6142-1807

2011年09月30日

豊島区の子供たちを放射能から守るための署名(オンライン)

個人で電子署名を集めています。
東京都豊島区在住の一児の母です。
どうしても放射能に無関心な豊島区を変えたいのです。子供のたちを守りたいんです。

ご協力いただけたら幸いです。



豊島区の子供たちを放射能から守るための署名(オンライン)

http://www.shomei.tv/project-1826.html


企画者: 永嶋 奈々
提出先: 東京都豊島区 区長及び区議員の皆様
開始日: 2011年09月06日
期限 : 2011年10月20日

放射線物質による内部被曝・外部被曝から子供を守るため、区内の保育園・幼稚園・学校、公園すべての除染の実施および給食の安全管理を強化することを要望致します。

2011年09月29日

区域外避難(「自主的」避難)に賠償を求める院内集会 ー「避難の権利」確立へー ご意見募集中です!

区域外避難(「自主的」避難)に賠償を求める院内集会 
   〜「避難の権利」確立へ〜

※原子力損害賠償紛争審査会および東電宛のご意見募集中!!
  10月3日のこの集会で提出します。ぜひお寄せください。
   https://pro.form-mailer.jp/fms/d1e9a64c22337


「線量が高い。家の中で1μSv/時を越えます。そんな環境に子供を住まわせていいのかと不安です」
「なぜ毎日毎日被曝しなければいけないのでしょうか?」
「原発事故さえなければ、故郷を離れることもなかった」 ―――

現在、区域外避難(「自主的」避難)についての賠償範囲の指針作りが、原子力損害賠償紛争審査会で議論されています。しかし、これまでの議論を見る限り、4月22日以降、汚染の広がりにより不安を感じて避難を決断した方々に対する賠償や補償は、盛り込まれないおそれが高まっています。

現在、区域外避難(「自主的」避難)に関する賠償問題が、原子力損害賠償紛争審査会で議論されています。しかし、このままでは、4月22日以降、汚染の広がりにより不安を感じて避難を決断した方々に対しては、政府がすでに「年20ミリシーベルト」を基準とした避難区域を設定していることから、賠償されない可能性もでてきています。

福島では避難区域の外にも、一般人の立ち入りが禁止され、厳重に管理されている放射線管理区域(年5.2ミリシーベルト、毎時0.6マイクロシーベルト)以上の環境が広がっています。そんな環境に不安を感じて、避難を決断したとしてもそれは、自分や自分の家族を守るごく当たり前の行動ではないでしょうか。

このたび、区域外からの避難(「自主的」避難)を決断された方々、またこれから避難される方々のご参加を得て、「避難の権利」確立に向けた院内集会を開催します。


日 時 10月3日(月)13:00〜15:00  ※12:30から通行証を配布します
会 場 参議院議員会館講堂 (東京都千代田区永田町1-7-1)
内 容

・「自主的避難」と賠償問題〜論点整理
・最近の情勢〜原子力損害賠償紛争審査会の報告、福島の最前線から
・自主的避難者、避難希望者の方々のアピール
(各地に避難している方々から現状報告を頂きます)
・法律家からの見解 など

資料代 500円
申込み 申込みフォームよりお申込みください
https://pro.form-mailer.jp/fms/3560b5a622284

主 催 国際環境NGO FoE Japan、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、
子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク

問合せ FoE Japan 満田(みつた)
Tel: 03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219 携帯:090-6142-1807


2011年09月26日

【重要】「区域外避」(自主避難)の賠償について

「4月23日以降の区域外避難(自主避難)が補償されない可能性」

福島県では避難区域に指定された地域以外は、
基本的に「区域外避難」すなわち「自主避難」として自らの負担で疎開が行われています。
現在、原子子力損害賠償審査会で、の賠償について議論されており、
このままでは、4月23日以降の「区域外避難」(自主避難)は、
全て補償がされないことになる可能性があります。
決定までのこの約二週間が非常に重要な時期にとってきます。
審議では社会的合意が判断材料とされるため、
次の審査委員会までに「区域外避」(自主避難)を補償するべき」という世論を盛り上げる必要があります。

そこで10月3日(月)13時〜15時@参議院議員会館1F講堂にて
院内集会の共催が決定足しました。
主催、FoE Japan
フクロウの会SAFLAN
子ども福島ネット
子ども全国ネット
・「自主的避難」と賠償問題〜論点整理 15分
・最近の情勢〜9月21日の原子力損害賠償紛争審査会の報告+大波・渡利問題15分
・自主的避難者、避難希望者の方々のアピール5人ほど×5分
・法律家からの見解(SAFLAN) 20分
・アクションの呼びかけ
・声明文の採択
を予定しています。終了後の記者会見も念頭に置いています。

ぜひ以下のことをもう一度考えてみてください。
普通に生活していた人々の上に病気になる可能性があるといわれるものが突如降ってきたこと。
福島の線量の高い地域の人には何も責任がないこと。
子どもは大人よりリスクが高いため、保護者は様々なものを失いながら
孤独の中「自主避難」を選択または検討せざる得ない状況であること。
ぜひ選択肢の一つとしてせめて「自主避難」が補償されるよう、
様々なところへ拡散、そして声をあげて頂けないでしょうか。