2011年08月06日

避難費用を払ってもらおう! 東電 請求書キャンペーン

福島第一原発事故の影響で、福島県内から“自主避難”している方々に関しても、かかった費用を賠償対象として検討していくことが、8月5日に開かれた原子力損害賠償紛争審査会にて合意されました。

子ども全国ネットにも賛同いただいているNGO団体『FoE Japan』では、この動きを確かなものにしていくために、『避難費用を払ってもらおう! 東電 請求書キャンペーン』を行っています。

 自主避難にかかった費用や、かかる費用を請求書にかいていただき、8月12日午後に東京電力に届ける予定です。多くの請求書を東京電力に提出することで、今避難のために支援を必要としている人たちが大勢いることを、東京電力や政府、社会に訴えていくことを目的としています。

 「自主避難した」という方や、「これから避難を考えている」という方は、ぜひ下記のFoE Japanより手続きをすすめてみませんか?

 避難費用を払ってもらおう! 東電 請求書キャンペーン
 東京電力に請求書を届けて「避難の権利」を実現しよう


 鼓動を起こすことで、自主避難の権利を勝ち取りましょう!


 
※第1弾の締め切りは8月10日です

http://www.foejapan.org/energy/news/110804.html