2011年10月14日

負げねど飯舘!!の佐藤健太さんの連続講演企画を近畿で実現!!

●福島の人から学ぼう<福島原発事故の被災地から>
飯舘村の青年と語る〜計画的避難区域から未来を紡ぐ〜
佐藤健太さんを招いて
日時: 10月21日(金)6時半〜
場所: ドーンセンター(大阪府男女共同参画・青少年センター)/大会議室2(地下鉄「天満橋」駅下車。1番出口より東へ約350m)
http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
主催: チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西
共催: 若狭連帯行動ネットワーク
問い合わせ:

●小さなお話会〜飯舘村の青年と語る
日時:10月22日(土)午前10時〜午後2時
場所:まつなが畑 作業小舎(奈良県御所市僧堂113−2)
主催:まつなが畑
奈良のお話会は申し込みが必要です。下記、まつながさんのブログをご参照下さい。
http://blog.goo.ne.jp/matsuyuki165

●「負げねど飯舘!!」佐藤健太さんを囲む会
福島県・飯舘村の青年と語る 〜計画的避難区域から
未来を紡ぐ

原子力災害が現実となったいま、未曾有の放射能汚染に苦しむ被災現地・福島県飯舘村の青年、佐藤健太さんと語り合おう!

【日時】 2011年10月22日(土)18:30〜21:00(開場18:00)
【場所】 ひとまち交流館・京都 第1・2会議室
【定員】 60名(予約不要ですが、定員を超えた場合
 入場をお断りする場合が ありますので、予めご了承下さい)
【参加協力費】 500円
【主催】 京都から東日本大地震被災者を支援する会
     http://kyoto-sien.blogspot.com/
【問合】 090-9977-0131 kyoto.sien@gmail.com

●「飯舘村青年 佐藤 健太さん講演会」
日時:10月23日(日) pm1:00 〜 3:00
場所:三重県生涯学習センター 視聴覚室  (三重県総合文化センター内サービスセンター 0120−319489)
http://www3.center-mie.or.jp/center/koutsu/main.html
主催:三重・福島キャンプと滞在ネットワーク
定員:140名
入場料:500円
アクセス:近鉄名古屋線・JR紀勢本線津駅下車→津駅西口から徒歩約25分・バス約5分
問い合わせ先:TEL・FAX 059−224−6801 (高山)

●「飯舘村青年 佐藤 健太さんを囲む会」
日時:10月23日(日) pm5:00 〜 7:00
場所:カトリック津教会 研宗館ホール (カトリック津教会事務所 059−228−2580)
http://30min.jp/place/1493296
主催:三重・福島キャンプと滞在ネットワーク
定員:30名
入場無料
アクセス:近鉄名古屋線津新町駅下車→徒歩約10分
問い合わせ先:TEL・FAX 059−224−6801 (高山)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
佐藤健太さんプロフィール

飯舘村で生まれ育つ(1982年生まれ29歳)。事故前から、子どもたちの世話役として村の行事などにも積極的に参加。3月11日の震災と東京電力福島第一原発事故後、村が放射能で高濃度に汚染されたことを知り、子どもや若者を早急に避難させるよう求めてTwitter(
@024442 パンダP 。)等で訴えかけ続けた。4月末、「計画的避難」開始前に、村の若者と年輩者が協力して立ち上げた「負げねど飯舘!!」の発足に関った。村民の将来の健康や生活を守るためにも、事故後の行動や健康・生活の記録を残そうと「健康生活手帳」の作成にも尽力。「負げねど飯舘!!」の常任理事。飯舘村商工会青年部副部長。福島県商工会青年部連合会理事。
posted by 子ども全国ネット at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

2011年10月07日

10/8.9【世界自然・野生生物映像祭in東京&トークセッション】

「世界自然・野生生物映像祭in東京」の開催と共に、
いのちか電気か。もう一度、いのちの尊さを考えようと、『水素爆発』の上映と、
原発反対福井県民会議の小木曽美和子さんと原子力情報資料室の西尾漠さんによる
トークセッションの開催が実現!

地球映像ネットワークは、1993年に創設された特定非営利活動法人(NPO)です。
設立の目的は、自然や生き物たちの生態をとらえた映像を通じて、
自然の素晴らしさや生き物たちの生命の営みを伝え、自然保護への関心と理解を高めることにあります。
また、日本だけでなくアジアの自然・野生生物の映像作家を育てることも目指しています。

地球映像ネットワークは設立年の1993年から2年に一度、富山を拠点に、
「世界自然・野生生物映像祭」を開催してきました。
今年は、未曾有の被害をもたらしている東日本大震災が起こり、
悲劇的な状況の中で開催すべきか否か悩みましたが、
このような状況にあってこそ、これまで自然と生命の素晴らしさと尊厳を訴え続けてきた
映像祭を開催すべきだと決意し、8月4日から7日までの4日間、富山国際会議場にて、
第10回目(20周年)を迎えた世界自然・野生生物映像祭を開催しました。
そこで受賞した作品のいくつかを、10月8日(土)・9日(日)の2日間、
東京ウィメンズプラザ(最寄駅:表参道)にて上映する「映像祭in東京」を行います。
また、特別企画として、『水素爆発』の上映と、原発反対福井県民会議の小木曽美和子さんと
原子力情報資料室の西尾漠さんによるトークセッションを行います。

◆映像祭in東京に関して

「世界自然・野生生物映像祭」は、ワイルドスクリーン(英国)、ジャクソンホール・ワイルドライフ・フィルム・フェスティバル(米国)の姉妹映像祭として、2年に一度富山県で開催されています。
毎回、世界の50以上の国と地域から400本を超える最新のワイルドライフ映像が集まり、期間中、その中から選ばれたノミネート作品の上映、そして海外からの映像作家やゲストの皆さんが映像とともに「地球の今」を語ってくれます。
今年、2011年8月4日から7日までの4日間、第10回目の映像祭が富山で開催され、大成功を収めました。
世界トップレベルの素晴らしい自然や野生生物の映像は、国境や文化や言葉をこえて感動を伝える大きな力です。
日ごろ見ることができない大自然のドラマ、ひたむきな生命の営み。そして、この地球こそ、すべての生命がつながっているただ一つの「青い惑星」であると教えてくれるでしょう。
感動が感動を呼び、輪が広がれば、自然を守り、野生生物と人間の未来を切り開く道となるに違いないと私たちは信じます。

今年は、過去最高の世界53の国や地域から459本の作品の応募があり、グランプリを始め、合計31の受賞作品が選ばれました。
10月に開催される「世界自然・野生生物映像祭in東京」では、それら受賞作品や過去の応募作品の中から選りすぐりの映像を2日に分けて、13本上映します。

日時: 2011年10月8日(土) 〜9日(日) 2日間
場所: 東京ウィメンズプラザ(表参道駅B2出口から徒歩7分)
入場料: 無料
ウェブサイト: http://www.naturechannel.jp/JWFF/JWFF2011/in%20tokyo/Tokyo2011.html


◆『水素爆発』上映並びにトークショー

日付: 10月8日(土)
時間: 13:00〜

プログラム(表・裏).pdf
posted by 子ども全国ネット at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

2011年09月26日

10月15日(土)「今からできる内部被曝対策〜知ることから始めませんか」〜学習会のご案内

「今からできる内部被曝対策〜知ることから始めませんか」〜学習会のご案内
みんな、フツーに過ごしているようだけど、何か気をつけているのかな?・・・身近な疑問を聞いてみよう!
野菜は?牛肉は?魚は?水は?・・・心配ばかり!子どもたちの将来は?
狭い会場ですが、皆さまの参加を心よりお待ちしています。

日 時:10月15日(土)10時〜12時
場 所:洗足区民センター(東急池上線洗足駅徒歩5分)
定 員:40名(先着順)
参加費:500円
講 師:板橋志保さん(高木学校)

高木学校とは?
故高木仁三郎氏により1998年にスタート。市民の立場から環境、核、人権などの問題に取り組む「市民科学者」を育成。福島第一原発の事故により、新たな様相を見せている日本の被ばくに対し、被ばく量最小化のためにの情報発信や被害者支援の活動を開始。
主催:放射能から子どもたちを守る大田の会
E-mail:kodomoohta@gmail.com

※保育室等は用意しておりませんが、お子様連れで参加できます。

チラシはこちら
http://ameblo.jp/frogman-ohta/entry-11011041780.html
posted by 子ども全国ネット at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

10月5日(水)千葉文化センターにて、田中優さんの講演会を開催します。

「今こそ日本再生」
〜希望の未来を切り開こう〜
田中優&まーちゃんツアー

未来バンク事業組合理事長、環境活動家の田中優さんが放射能の危険性や対策を伝えます。
自然エネルギーの可能性、希望あふれる社会の仕組みについて提案します。

優さんのお話は分かりやすく、前向きで希望がうまれます。
今私達は何を選択し、どんな道を歩めばいいのでしょうか?
子ども達を守るため、明るい未来をつくるため、共に考えつながっていきましょう!


【日時】10月5日(水)
開場10:00
講演会10:30〜13:00(予定)

【会場】千葉文化センター
アートホール(全席自由・定員497人)車椅子席有り
            JR千葉駅から徒歩10分

千葉市中央区中央2-5-1
043-224-8211

☆予約申込み制になります。

《予約フォーム》
http://form1.fc2.com/form/?id=679848
(当日は先着順入場)

☆託児あり(定員30人)
先着順、料金は自己負担になります。
(詳細は予約フォームよりお問い合わせ下さい)
※お子さんの同席も可能です。

☆入場無料ですが、500円以上のカンパ(寄付)にご協力ください。

【主催】復興支援NGO心援隊
http: //www. shinentai.net/

【共催】自然育児サークルポレポレ
http: //porepore-blog.seesaa.net/

【お問い合わせ】復興支援NGO 心援隊
090-5042-8818
または自然育児サークルポレポレのブログまでメッセージをお送り下さい。

私達の思いや、講演の詳細についてはブログをご覧下さい。
http: //porepore -blog.seesaa.net /
posted by 子ども全国ネット at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

2011年09月23日

【10/2講演会】野呂美加『放射能の中で生きる』〜チェルノブイリからフクシマへ、子どもの命を守る知恵

「子どもを必死で守りたいという親たちの愛情、それだけが放射能に負けない」野呂美加

東日本大震災から半年が経過しましたが、福島の原発事故はいまだ収束の兆しが見え
ません。ちひろ美術館・東京では、この現状に照らし、子どものしあわせやいのちを問
い直し、学ぶ場として、NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表の野呂美加さんのお
話会を開催いたします。野呂さんは、この9月に著書『放射能の中で生きる、母たちへ
〜チェルノブイリからフクシマへ、子どもの命を守る知恵』(美術出版社)を上梓しま
した。

◆日時:2011年10月2日
◆会場:ちひろ美術館・東京
◆参加費:500円(入館料別)
◆申し込み:美術館受付、ホームページ申し込みフォーム、電話
◆講師:野呂美加(NPO 法人「チェルノブイリへのかけはし」代表)
◆定員:60名
◆会場の隣に授乳室を完備した「こどものへや」がございます。
 託児サービスはありませんが、お子さま連れでの参加も可能です。

野呂美加(のろみか)
NPO 法人「チェルノブイリへのかけはし」代表。1963 年、釧路市生まれ。92年、「チェルノブイ
リへのかけはし」設立。ベラルーシの放射能汚染地域に住む子どもたちを、日本に1カ月招待し転地
療養をさせる「保養里親運動」を行う。これまでに招待した子どもは、19年間で延べ648人。こうし
た活動が認められ、2005 年には国際交流基金より「地球市民賞」を受賞。

【連絡先】ちひろ美術館・東京
〒177-0042
東京都練馬区下石神井4-7-2
電話03-3995-0772
http://www.chihiro.jp/tokyo/
担当:原島(はらしま)・川口(かわぐち)・北村(きたむら)
posted by 子ども全国ネット at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内