2011年08月19日

8/23開催「避難の権利集会 in 小田原」(国際環境NGO FoE Japan、福島老朽原発を考える会)のご案内(主催:株式会社インデペンデント・ウェブ・ジャーナル)

福島の子どもたちに小田原での夏休みをプレゼント

8/23開催「避難の権利集会 in 小田原」のご案内

福島のお子さんたち、お母さん、お父さんたちへ
この夏、神奈川県の小田原市へ旅しませんか?小田原市の廃校になった中学校で、「インスタレーション in 小田原 〜国民 の声を可視化するプロジェクト第2弾〜」と題したイベントが開催されます。

海沿いの自然豊かな会場に、様々な団体、著名人が集まる、文化祭のような、林間学校のようなイベントです。震災後はじめての夏休みの数日間、ほっと一息つける場所、無邪気に遊べる場所です。

全国の皆さんから寄せられるカンパから、福島から参加されるお子さまに【一人あたり30,000円】が、交通費と宿泊費として補助されます。FoE Japan、福島老朽原発を考える会も出展・協力し、福島の子どもたちに夏休みの小さなプレゼントができたらと考えています。

首都圏のみなさんは、ぜひ遊びにいらしてください。
また、福島のお父さん、お母さんにお知らせください。

日 時 2011年8月20日(土)〜26日(金)11:00〜17:00  (初日のみ10:00〜17:00予定)
会 場 旧片浦中学校 (神奈川県小田原市根府川41)  >地図
小田原駅から東海道線で一駅の「根府川駅」下車、徒歩10分程
詳細・申込み こちらからご覧いただけます
http://event.iwj-beta.com/odawara/
主 催 株式会社インデペンデント・ウェブ・ジャーナル



わたしたちが置かれている状況と守られるべき権利を知ろう!

「避難の権利」集会 in 小田原


3・11の事故以降、低線量被曝のリスクを、否応なく背負わされてしまったわたしたち…。
これから、「予防原則」の考え方に基づいて、どのような対策をとり、国や東電や行政に対しては、どのような要求を出していくべきなのか、法律的な観点から学び、参加者同士で話し合ってみませんか。

自主避難、除染作業、賠償請求など、誰もが抱える不安や疑問を、共に考えましょう。

【講師】 
阪上 武 (福島老朽原発を考える会)
満田 夏花 (FoE Japan)

日 時 2011年 8月23日(火) 14:00〜16:00
会 場 旧片浦中学校 (神奈川県小田原市根府川41)
小田原駅から東海道線で一駅の「根府川駅」下車、徒歩10分程
問合せ FoE Japan 満田  03-6907-7217、090-6142-1807
主 催 国際環境NGO FoE Japan、福島老朽原発を考える会
posted by 子ども全国ネット at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

2011年08月18日

【勉強・講演会】8/24 「おやとしてこどもにできること」の会 〜放射能の影響と健康への道〜

NPO法人 市民科学研究室の上田昌文さんを講師にお招きし、講演会を開催します。
すでにあちこちで開催されている「放射能」にまつわる勉強会や講演会。AKC48が主催の今回の会では質疑応答に重きをおいて、今皆さんが不安に思っていることをどんどん聞ける会にしたいと思います。

福島第一原発の事故によって、大気・海・土壌に大量の放射性物質が放出され、私たちの生活に大きな影響をうけています。水道水や野菜、魚や肉からさえも放射性物質が検出されて、子どもにミルクをあげても良いのか、何を食べたら大丈夫なのか、毎日がとても不安になります。
「過剰な心配はかえって健康に良くない」とか「出荷されている食品は問題ない」という声も多く聞かれますが、そうではないという情報もたくさん出ています。
そもそも放射線の問題は専門用語が多く、一般のかたには分かりづらいという印象を持っている人が多いのではないでしょうか。
そこでこの講演会では、放射線被ばくの問題や予防法について分かりやすく学ぶとともに、参加者同士で日常生活や、子育てのことについての質疑応答の時間を設け、今後の生活方法も含めてお話をしていただきます。
小さなお子さんを持つ方、出産を控えている方、どなたでもご参加いただけます。
たくさんの方のご参加お待ちしています。



「おやとしてこどもにできること」の会 〜放射能の影響と健康への道〜

日時:2011年8月24日(水)14:00 〜 16:30(開場13:30)

会場:東京ウィメンズプラザ 第一会議室

参加費:無料

定員:80名

※託児あり(1歳〜先着順)

お申込方法
参加希望のかたは、参加者のお名前(複数人の場合は全員の)、お電話番号、託児の有無を明記のうえ、
akc48tokyo@gmail.comまでメールを送って下さい。折り返し確認のメールを送らせていただきます。


詳細はこちらになります

http://imom.jp/contents/information/news_detail.html?news_id=8
posted by 子ども全国ネット at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

2011年08月11日

【講演】8/29(月)『子どもを内部被曝から守るために』矢ヶ崎克馬氏(琉球大学名誉教授)/子どもを放射線から守る新宿の会

『子どもを内部被曝から守るために』


講師   矢ヶ崎克馬(琉球大学名誉教授)
      ※長年にわたり、広島と長崎の原爆被害者とともに歩んでこられた
       内部被曝研究の第一人者の先生です。
       一般の子育て中の方にもわかりやすく、実践的な内容について
       お話しいただく予定です。

日時    2011年8月29日(月曜日)
場所   新宿文化センター小ホール
      http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=309

開場    9:30〜
講演会  10:00〜11:30(質疑応答タイム含む)
参加費  1000円(資料代含む)


ご参加には事前のお申し込みが必要です。
お申し込みは、「子どもを放射線から守る新宿の会」HPからお願いします。

http://shinjyukunokodomo.web.fc2.com/index.html
posted by 子ども全国ネット at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

2011年08月10日

10月 岐阜県中津川での保養のご案内

【福島のお母さんと子供たちに自然豊かな加子母でリフレッシュしてほしい!】

「つながる命 福島」という団体を自然豊かな岐阜県の山村、加子母で立ち上げました。3月11日以降、放射能汚染に不安を感じながら暮らしている福島の母子、妊婦さんに、少しでも放射線量の低い場所で保養してもらいたいと願い、1週間のリフレッシュ合宿を企画しました。加子母は有名な下呂温泉に近いところにあります。短い期間ですが、お母さん達が心と身体もリフレッシュし、未来をつなぐ御縁ができるような1週間にしたいと思っています。

●募集人数 20人まで(先着順)
● 対象とする人 母子(年少以上)、長時間移動可能の妊婦の方
● 日程 10月4日(火)〜11日(火)(7泊8日)
●宿泊先  岐阜県中津川市加子母 ふれあいのやかたかしも(相部屋)
●現地行事予定 
お楽しみです。1週間有意義な時間を過ごせます様な企画 をご用意します。何よりすばらしい加子母の自然と、優しい笑顔がお迎え致します。
●費用及び条件等
☆交通費はひとり5,000円負担してください。
☆福島と現地は中型バスで送迎します。
☆宿泊費・食費・ロッジでのレクリエーション費は無料です。
☆国内旅行傷害保険はこちらでおかけします。
☆ 食事は施設内の食堂で、スタッフと一緒に料理をしながら楽しく食べましょう。
● 主催団体「つながる命 福島」代表 木村 仁枝(ひとえ)
ブログhttp://tsunagaruinochifuku.blog.fc2.com
●申込方法及び申込先
参加者全員の氏名、ふりがな、性別、生年月日、年齢、学齢(お子様分)
郵便番号、住所、電話番号、携帯番号、メールアドレス、特記事項(アレルギーなど有れば)
以上を記入したメール又はFAXを下記事務局にお送りください。
「つながる命福島」事務局(もりのいえ 森本) masa@mori-no-ie.com FAX 0573-79-3268
○不明な点、聞きたい事があれば、お気軽に事務局にお問い合わせ下さい

posted by 子ども全国ネット at 10:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

2011年08月07日

【避難・疎開支援情報】サマーキャンプ・大分県佐伯市/子どもたちを放射能から守る会大分

晴れ詳細追記いたしました。
子どもたちを放射能から守る会大分が正式に発足いたしました!!

福島県いわき市から自主避難している方も企画に携われております。
福島から参加するにも心強いキャンプですね!

また、疎開・避難された方々が集まれるイベントを、毎月11日に開催していきます。



リゾート8月20日から26日に、疎開希望の福島及び近郊の地域の親子を、
大分県佐伯市宇目にと思い、宇目疎開キャンプを企画しています。リゾート



〈宇目疎開キャンプについて〉
目的:子どもたちを放射能から守るために、福島及び近郊の地域から疎開希望の親子が、大分県に短期滞在又は移住できるよう支援する
とき:平成23年8月20日〜26日
ところ:夏木小屋、ととろの森宇目キャンプ村
参加人数:30人(予定)
※滞在費及び食費は無料。

20日→藤河内渓谷ハイキング(柳井さん案内)、夏木小屋orやど梅路泊
21日→藤河内渓谷ハイキング又は木浦散策、そうめん流し、温泉、ととろの森うめキャンプ村泊、自己紹介タイム
22日→木工遊び(ハウス作り、ハンモック、自然観察、ネイチャーゲームなど)、カレーライス作り、19時半から、矢野大和さんのお話
23日→中岳キャンプ場にて川遊び、BBQ、(温泉)、キャンプファイヤー
24日→陶芸工房、石窯ピザ作り、ととろバス停(RYUO)にてととろに願い事書き&チェロコンサート(Vc白沢、Pf古屋)、
25日→たんぼ(合鴨と草取りなど)、(温泉)、18時から、ふれあいセンター宇目にて、てんつくまんイベント(のらやのテンさんも参加)
26日→お別れ会、解散

主催:子どもたちを放射能から守る会大分

お問い合わせ先:担当 古屋さおり
        kodomooita@yahoo.co.jp
        090-9848-4148
posted by 子ども全国ネット at 17:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内