2011年07月18日

福島などの放射線量高い地域への支援に関する全国ネットの役割



 こんにちは、福島支援スタッフ疋田香澄です。


 前回のミーティングにて、全国ネットワークの疎開・保養セクションは、
 1.「トータルな福島支援」について考えて、ノウハウと情報と場所の共有の役割
 2.福島の人と支援したい人、支援したい人同士、福島の人同士など様々な人や情報を繋ぐ役割
 があるのではないかという話になりました。

 ・福島の人が、リスクを上げないやり方を自分の意向に合わせて選んで
  情報やアドバイザーなどにつながっていけるようなHP。
 ・福島向けの新聞(紙媒体)。
 ・福島向け電話相談口
 ・福島へキャラバンをだして心のsafespotとして直接色んな情報や選択に触れられる場所をつくる。
 ・根本としての子どもの人権としての切り口
  などが可能なアプローチの仕方が挙げられました。


  そして昨日福島の講演会にて、支援が必要な点について伺う機会を得ることができました。
  疎開・保養に関して。

  1.今はサマーキャンプの情報がほしい(ネットにアクセスできるのは半数)
  2.福島からの疎開・保養の成功体験の声
  3.福島の中での危機意識の温度差

  8月半ばまでの福島支援はサマーキャンプがキーポイントかもしれません。
  また避難の成功体験・モデルケースなども検討していきたいです。
  次回会議後にまたご報告いたします。


  はじめての福島は、私の生まれた南国とはまた違って、緑が柔らかく綺麗な場所でした。
  私ができることは微力ですが、できる範囲で動いていきたいです☆

  
posted by 子ども全国ネット at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 【プロジェクト】「福島支援」