2011年10月14日

負げねど飯舘!!の佐藤健太さんの連続講演企画を近畿で実現!!

●福島の人から学ぼう<福島原発事故の被災地から>
飯舘村の青年と語る〜計画的避難区域から未来を紡ぐ〜
佐藤健太さんを招いて
日時: 10月21日(金)6時半〜
場所: ドーンセンター(大阪府男女共同参画・青少年センター)/大会議室2(地下鉄「天満橋」駅下車。1番出口より東へ約350m)
http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
主催: チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西
共催: 若狭連帯行動ネットワーク
問い合わせ:

●小さなお話会〜飯舘村の青年と語る
日時:10月22日(土)午前10時〜午後2時
場所:まつなが畑 作業小舎(奈良県御所市僧堂113−2)
主催:まつなが畑
奈良のお話会は申し込みが必要です。下記、まつながさんのブログをご参照下さい。
http://blog.goo.ne.jp/matsuyuki165

●「負げねど飯舘!!」佐藤健太さんを囲む会
福島県・飯舘村の青年と語る 〜計画的避難区域から
未来を紡ぐ

原子力災害が現実となったいま、未曾有の放射能汚染に苦しむ被災現地・福島県飯舘村の青年、佐藤健太さんと語り合おう!

【日時】 2011年10月22日(土)18:30〜21:00(開場18:00)
【場所】 ひとまち交流館・京都 第1・2会議室
【定員】 60名(予約不要ですが、定員を超えた場合
 入場をお断りする場合が ありますので、予めご了承下さい)
【参加協力費】 500円
【主催】 京都から東日本大地震被災者を支援する会
     http://kyoto-sien.blogspot.com/
【問合】 090-9977-0131 kyoto.sien@gmail.com

●「飯舘村青年 佐藤 健太さん講演会」
日時:10月23日(日) pm1:00 〜 3:00
場所:三重県生涯学習センター 視聴覚室  (三重県総合文化センター内サービスセンター 0120−319489)
http://www3.center-mie.or.jp/center/koutsu/main.html
主催:三重・福島キャンプと滞在ネットワーク
定員:140名
入場料:500円
アクセス:近鉄名古屋線・JR紀勢本線津駅下車→津駅西口から徒歩約25分・バス約5分
問い合わせ先:TEL・FAX 059−224−6801 (高山)

●「飯舘村青年 佐藤 健太さんを囲む会」
日時:10月23日(日) pm5:00 〜 7:00
場所:カトリック津教会 研宗館ホール (カトリック津教会事務所 059−228−2580)
http://30min.jp/place/1493296
主催:三重・福島キャンプと滞在ネットワーク
定員:30名
入場無料
アクセス:近鉄名古屋線津新町駅下車→徒歩約10分
問い合わせ先:TEL・FAX 059−224−6801 (高山)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
佐藤健太さんプロフィール

飯舘村で生まれ育つ(1982年生まれ29歳)。事故前から、子どもたちの世話役として村の行事などにも積極的に参加。3月11日の震災と東京電力福島第一原発事故後、村が放射能で高濃度に汚染されたことを知り、子どもや若者を早急に避難させるよう求めてTwitter(
@024442 パンダP 。)等で訴えかけ続けた。4月末、「計画的避難」開始前に、村の若者と年輩者が協力して立ち上げた「負げねど飯舘!!」の発足に関った。村民の将来の健康や生活を守るためにも、事故後の行動や健康・生活の記録を残そうと「健康生活手帳」の作成にも尽力。「負げねど飯舘!!」の常任理事。飯舘村商工会青年部副部長。福島県商工会青年部連合会理事。
posted by 子ども全国ネット at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内

10/15 スタンド・アップ テイク・アクション 2011 メインイベント 〜震災をとおして見えた世界と日本〜


■日時

10月15日(土)
[第1部] 13:30〜16:30
[第2部] 17:00〜19:00
※終日のご参加はもちろん、第1部・第2部どちらかでもご参加いただけます。

■会場
[第1部] 青山オーバルビル前広場 
[第2部] 国連大学ウ・タントホール

(東京メトロ表参道駅徒歩5分。渋谷区神宮前5-53-70)

■パレードコース
国連大学〜表参道〜神宮前〜渋谷駅前〜宮益坂〜国連大学。全長約3km。
*コースは変更になる可能性があります。

■参加費 無料 ※当日寄付歓迎

●主催: 動く→動かす、地球サミット2012 Japan、一般社団法人環境パートナーシップ会議
●共催: 国際連合広報センター、Farmer's Market Assosiation
●助成: 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金

<お申し込み>
お申し込み受付は〆切ました。直接会場にお越しください。(10月15日)

<お問い合わせ>
動く→動かす(担当:笠原)
TEL 03-3834-6902 (平日10:00〜18:00)
E-MAIL info@standup2015.jp


日本が大規模な自然災害に襲われた2011年。食料や生活必需品が手に入らない。電気や水がない。自分ひとりではどうにもできない問題を前に、私たちは無力さを感じずにはいられませんでした。

でも、大変な中で協力しあった経験や、世界中からのメッセージや支援に、つながりが持つ力を実感しました。それならば、今なお深刻な世界の貧困に対しても、私たちにできることがあるはずです。

国境を越える音楽に勇気をもらい、パレードで貧困解決をアピール。震災を経て何ができるか、ゲストとともに考える。年に1度の「世界貧困デー(※)」を前に、つながり、ともに行動することで、貧困のない世界の実現を後押ししてください。

※10月17日は国連「世界貧困デー」です。

【第1部:オープニング&パレード】13:30〜16:30
国境を越える音楽に勇気をもらい、パレードをスタート! パレードは15:30に国連大学から出発予定です。プラカード、鳴り物、 着ぐるみなど、思い思いの姿で貧困解決をアピールしてください。

◆出演者
○TAM TAM SHOKUE(タムタムチョクェ)
TAMTAM SHOKUEは2010年日本在住のコンゴミュージシャンを中心に結成。そのダンス、歌、パーカッションはコンゴ民主共和国にある中央アフリカの文化をベースに独自にアレンジしたもの。ンゴマ(オリジナルコンガ)から叩き出される力強いリズムと古くから伝わる歌や踊りを是非お楽しみください。

○Corazon Latino (コラソン ラティーノ)
女性ラテンピアニスト仲田美穂が、日本のラテンシーンを牽引するトッププレイヤーのサポートと共に結成したラテンジャズグループ「コラソン ラティーノ」。 楽しさ満載のゴキゲンなキューバンジャズ。情熱サウンドの熱いステージが好評で、JAZZフェスなど全国各地でライブ活動を行う。

○ゴンダブ&ワテテメコ
東アフリカで太鼓・踊り・祭・儀式など、幅広い概念を表す言葉 “ngoma (ンゴマ)”。“ngoma ni maisha (ンゴマは人生)” といわれるほど、生活に根差し、まさに生きることそのもの。この文化に惚れこんだゴンダブとワテテメコが出会い、ともに活動を開始。男の太鼓で女が踊り、女の太鼓を男が盛り上げる!

◆パレードコース
国連大学〜表参道〜神宮前〜渋谷駅前〜宮益坂〜国連大学。全長約3km。
*コースは変更になる可能性があります。

◆お願いと注意事項
・鳴り物やプラカード、バナーなど、「世界の貧困を解決したい」という想いをアピールするツールをぜひお持ちください。
・荒天中止、雨天決行です。雨天の場合は透明傘やレインコートなどを各自ご準備ください。荒天による中止の場合には、当日午前10時までに公式ホームページ(http://www.standup2015.jp/)にてお知らせいたします。
・会場に荷物置き場はありません。パレード中も荷物を携帯していただきますので、身軽な格好でお越しください。
・パレード中は、水分の確保を適宜行ってください。
・パレードは警察の先導のもと、車道を通行します。安全には十分ご注意のうえ、ご参加ください。
・メディアや主催者の発行物などに当日の写真や映像が使用される場合があります。ご了承いただいた上でお申し込みください。

【第2部:トーク 震災をとおして見えた世界と日本】17:00〜19:00
それぞれの立場から震災をとおして見えた「世界の中の日本」を語り、 未来に向けた私たち一人ひとりの行動を考えます。

◆出演者
○北澤 豪さん
サッカー元日本代表、財団法人日本サッカー協会特任理事兼国際委員、 JICAオフィシャルサポーター。社会貢献活動にも積極的に取り組み、 サッカーを通じて世界の子どもたちを支援できる環境作りを目指す。

○ニャーナセルバム・バサンタカラさん
スリランカから来日。同国東部バッティカロア県「ティルペルンテェ ライ地域開発協会」所属。04年インド洋大津波に被災。 内戦を乗り越えてコミュニティの再建に尽力している現地リーダー。

○伊藤 恵美子さん
絵本作家。子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク代表発起人。

○八木 夏海さん、高橋 祥夏さん
岩手県立不来方(こずかた)高校3年生。

◆ナビゲーター
○丹羽 順子さん
J-WAVE LOHAS SUNDAYナビゲーター。サステイナビリティ活動家。 1児の母。メディア・デザインと次世代著作権のあり方を学んだのち、 ヨーロッパの大学院にて持続可能性のトレーニングを受ける。 映像制作、イベント企画、翻訳、司会業などフリーランスで活動中。
posted by 子ども全国ネット at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども全国ネットからのおしらせ

2011年10月11日

アースダイアローグ第二回日程変更のお詫び

アースダイアログ  子どもと未来について語ろう
第二回 『セヴァンの地球のなおし方』 ミニ・ワールドカフェ付き上映会


の開催日時を、会場の都合で
当初ご案内していた日時から一日ずらして開催することになりました。

すでにお申込みいただいておりました方には、
お詫びとご参加の確認のメールを送らせていただきましたので、
よろしくご確認くださいませ。


第二回 『セヴァンの地球のなおし方』 ミニ・ワールドカフェ付き上映会は、


10月30日(日) 18:30〜21:30 (開場 18:00)


となります。

会場は、予定通り 国分寺カフェスローとなります。


アースダイアローグ第二回のプログラム詳細についてはこちらをご覧ください。




映画『セヴァンの地球のなおし方』
posted by 子ども全国ネット at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども全国ネットからのおしらせ

2011年10月08日

10/15「3.11以降、若者はなにを考え どう動いたか」

「3.11以降、若者はなにを考えどう動いたか」

■日時: 10月15日(土) 14:00〜17:30
■場所: 早稲田大学早稲田キャンパス 16号館106教室
 3月11日以降、私たちの生活はがらりと変わってしまったようにも、
なにひとつ変わらない日常のようにも見えます。
いま、ここに生きている私たちは、それぞれ何を感じたり考えたりしているのでしょうか。
この事故の「結果」を、これから背負っていくであろう「若者」を中心に対話します!
 友達にも言えずひとりで思いを抱えている若者、これからのために何かしたい方、ぜひいらしてください。


【プログラム】
13:30 開場
14:00 開始・趣旨説明
<第1部> 3.11以降動き出した若者の活動報告
14:10 活動報告
1. Say-Peace PROJECT (15分) 竹田さん 内部被ばくに関するリーフレット
2. 子どもたちを放射能から守る子ども全国ネット (15分) 疋田香澄 保護者の運動と福島支援
3. 福島の大学生(15分)など

<第2部> 若者会議コーディネート 「若者会議」
15:00
自分が考えていること、不安なこと、疑問に思うこと、
話すのも良し◎人の意見を取り込むのも良し◎
座談会形式でごゆるりと〜☆

17:30 終了予定

大学内で気軽な交流会の予定もあります。

■料金: 無料

■会場への行き方:
http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html (早稲田キャンパス案内図)
高田馬場駅からは,「早大正門」行きのバスで2つ目の「西早稲田」停留所が最寄です.
上記キャンパス案内図で,「至 高田馬場」と書かれているところが,西早稲田交差点です.
そのあたりに,「早稲田大学西門入口→」の看板が出ています.
16号館は,第二西門を入ってすぐ左手の建物です.

【主催】 自分と子どもたちを放射能から守る若者ネットワーク
     wakamononet@gmail.com
   若者会議 http://wakamonoga.web.fc2.com/pc.html
【共催】 Say-Peace PROJECT http://saypeace.org/
     浜邦彦研究室 hama@waseda.jp
     子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク http://kodomozenkoku.com/

【問合せ先】ikasumi0@gmail.com(@を半角に直して送信ください)
posted by 子ども全国ネット at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども全国ネットからのおしらせ

2011年10月07日

10.15 子どもを守れ!ふくしま 郡山集会へ支援をよろしくお願いします!

疎開裁判の終盤を迎え、裁判所に多くの人の思いを伝えようと、
ふくしま集団疎開裁判の会が呼びかけ、集会を開きます。
子ども全国ネットでも、支援を呼びかけています。
これまで署名や陳情書へご協力いただいたみなさんも、ぜひここで
声を届けるべく、集会への参加や周囲への呼びかけをお願いします。

詳細はこちら→http://fukusima-sokai.blogspot.com/2011/10/blog-post_01.html

――14人の子どもを守る疎開裁判がふくしまの子どもを守る――
   裁判は大詰め、裁判所に私たちの思いを伝えましょう!
   JR郡山駅西口広場 10月15日(土)午後1時スタート
   チラシ→ 111015KoriyamaDemo-bill-2.pdf
   ネット中継→ USTREAM配信 IWJ Fukushima Ch1

ハイロアクション福島・武藤類子さんからの呼びかけ(動画:You Tube)
→ 10月15日郡山集会・デモへの参加
「ふくしま集団疎開裁判」弁護団(柳原敏夫)からの呼びかけ
→ ひとりひとりのつぶやきを大きな声と力に
科学者からの呼びかけ
→ 安斎育郎さん(安斎科学・平和事務所 所長)
   生井兵治さん(筑波大学元教授・植物遺伝育種学 5/31ニュースの深層 伊藤洋一さんとの対談「内部被ばく」)

◎当日の発言者
武藤類子さん(ハイロアクション福島)
中手聖一さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 代表)
佐藤幸子さん(福島子どものいのちを守る会 代表)
橋本好弘さん(須賀川)
菅澤邦明さん(兵庫県南部大地震ボランティアセンター)
名取知衣子さん(放射能から子ども達を守ろうみさと 代表)
酒井恭子さん(会津放射能情報センター)
駒崎ゆき子さん(郡山市議)
井上利男さん(ふくしま集団疎開裁判の会 代表)
柳原敏夫さん(ふくしま集団疎開裁判弁護団)
 
 全国のみなさん、3月11日からまもなく7か月、無残な姿を世界にさらす東京電力福島第一発電所の危険な状況はいまだに収束に向かうどころか、まったく予断を許さず、環境に放出された膨大な量の放射性物質による汚染の途方もない拡大が日ごとに明らかになりつつあるありさまです。

 各種ヨウ素やセシウムの広域拡散に続いて、今ごろになってプルトニウムやストロンチウムの広域拡散のごく一端が公表されました。放射線による外部被曝に加え、空中に漂うチリの吸いこみ、飲み水や食べ物による内部被曝の深刻な実態も汚染地域住民の生活と健康に暗い影を投げかけています。

 まるでブラックボックスのような食品流通機構などを通じて、内部被曝の危険は全国に広がりつつあるのではないでしょうか。行き場のない放射性汚泥やがれき、除去残土なども違法に運搬・投棄される恐れもあるはずです。

 市民生活が底知れぬ危険にさらされている一方で、政・官・財・学・メディア一体となった安全キャンペーンが相変わらず繰りひろげられています。9月30日にはあろうことか、事故原発20キロ圏に隣接する福島県5市町村にまたがる避難準備区域が、破壊されたインフラの復旧もなされず、放射能除染も実施されないまま指定解除されました。これは、都市経済圏を形成する福島県中通り地方のチェルノブイリ事故「移住強制区域」「移住権利区域」に匹敵する放射能汚染地帯の住民を放置する棄民政策意志の表れといっても過言ではないでしょう。

 その時、生命・健康を最も脅かされ、最も被害を蒙るのは放射能に対し感受性が高い胎児、乳幼児、そして子どもたちです。今すぐ健康障害が出ないとしても、未来に、少なからぬ確率で彼等に健康障害が発生するのは確実です。このような時、人権侵害を防止する使命を果すのが「人権の最後の砦」と言われる裁判所です。6月、郡山市の14名の子どもたちは、裁判所が原点に帰り「人権の最後の砦」としての使命を果すことを求め、福島地裁郡山支部に、郡山市を相手に年1ミリシーベルト以下の安全な場で教育を実施するよう求める裁判(「(通称)ふくしま集団疎開裁判」)を申し立てました。

 時あたかも、この裁判の判断がまもなく下されようとしています。
 この切迫した状況のなか、準備期間もじゅうぶんでないまま、わたしたちは下記のとおり郡山10月行動に打って出ることを決意しました。というのは、裁判所はいま、裁判の原点に帰り「人権の最後の砦」としての使命を果すのかどうかという試練の前に立っているからです。
 もし、裁判所が勇気を奮って初心を貫いたなら、14人の子どもの命を守るだけではなく、福島県の子どもたちの命を守る判断となるでしょう。そして、この裁判所の勇気と初心を支えるのは、この疎開裁判の正しさを支持する全国、全世界の無数の皆さんの存在にほかなりません。
 10月15日、疎開裁判の正しさを支持する皆さんの声を裁判所に届けて、多くの市民が「人権の最後の砦」である裁判所と共にあることを示そうではありませんか。この日、皆さん一人一人の参加と声が14人の子どもたちの裁判の行方を決めます。そして、皆さん一人一人の参加と声が福島県の子どもたちの行方も決めます。
 どうか、全国のこころあるみなさんのご賛同、ご支援、ご参加をお願いいたします。
  

              記
名称: 「ふくしまの子どもを守れ! 郡山デモ」
会場: JR郡山駅西口広場(JR郡山駅中央口前)
日時: 2011年10月15日(土) 13:00〜15:00
アクセス:電車=>JR郡山駅中央口を出た目の前。 
       車=>郡山市役所駐車場 路線バスで「市役所」から郡山
       駅下車(10〜15分)。
ネット中継:USTREAM配信 IWJ Fukushima Ch1

・ のぼり、バナー、プラカード、ポスター、ゼッケンなどを用意して集合。
・ 音楽ライブ♪ メッセージ、宣言に思いを込めて、デモに・・・!
・ 小雨決行(大雨中止) 雨具、それに被ばく対策! 各自ご用意ください。
・ 子ども・妊産婦の参加は、申しわけありませんが、ご遠慮ください。

主催:「ふくしまの子どもを守れ! 郡山デモ」実行委員会
        yuima21c@gmail.com(井上)
共催:ハイロアクション福島原発40年実行委員会
   子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
   子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク
   ふくしま集団疎開裁判の会
   会津放射能情報センター
   兵庫県南部大地震ボランティアセンター
   はっぴーあいらんど☆ネットワーク
   食政策センター ビジョン21
   福島原発事故からいのちと食を守るネットワーク
   こども東葛ネット
   動的平衡基金
   チェルノブイリ救援・中部
   にいがた有機農業推進ネットワーク
   食の安全と環境を考える会
協賛:脱原発福島ネットワーク