2011年09月21日

小宮山厚生労働大臣に、私たち母親の思いをお伝えしてきました

「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」のメンバーら11人が9月21日、厚生労働省を訪れ、小宮山大臣に対して私たち“母親たちの思い”を伝えました。

小宮山大臣.JPG


“母親たちの思い”とは、以下3点です。


1.食品暫定規制値の見直しを求めると共に、子ども・妊婦に特化した新たな規制値の策定が必要と考えています。
2.文部科学省と厚生労働省が連携して、給食のサンプリング計測・実態把握を徹底的に行うことが必要と考えています。
3.今後継続的に、子育て世代と協議する場を設け、政策に反映していくことが必要と考えています。



 福島第一原発の事故を受け、今私たちは“低線量被ばく”のリスクに日々さらされています。特に、放射線の感受性が高い胎児や子どもは、晩発性の癌や白血病のみならず、世代を超えて様々な障害がもたらされる可能性のあることが報告されています。
これらのことを鑑みた結果、ぜひ小宮山大臣には予防原則の観点に立ち、子どもと日本の未来を守るために、一緒に考えていただきたい。この点を、私たちは、強調してお伝えしました。


 これに対して大臣は、「私も子どもを育ててきましたし、小さい孫もいます。皆さんの気持ちよく分かりますので、しっかりと受け止めさせていただきたいと思います」と話された上で、「これからきちんとした食品規制値、基準値を作っていきますが、(子どもの方が影響を受けやすいということに関しては)食べ物を摂る量は子どもの方が少ないわけです。本当に安全なものにして欲しいという皆さんの気持ちはよく分かるのですが、しっかりとした妥当な数字を示さなければなりません。今後、しっかり検討していきます」とお答えになりました。


 面会は10分足らずで終了。私たちの思いを、すべてお伝えし切れたかどうか分かりませんが、必ず今後も、継続的に私たちとの対話の場を持ってくださると信じています。
そして、チェルノブイリ原発事故で被害を受けている子どもたちの事例にしっかりと目を向け、予防的原則に立って、子どもと日本の未来を守っていただきたいと切に願います。



≪低線量被ばくから子どもと未来を守ることについて 厚生労働大臣へのお願い≫
低線量被ばくから子どもと未来を守ることについて.jpg



posted by 子ども全国ネット at 19:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新情報&ニュース

2011年09月20日

「バズビー・ファウンデーション」「バズビー研究所」は当会と一切関わりのないサイト・団体です。

いつも当会をご支援ご協力くださりありがとうございます。
このたび、下記サイトについて、お問合わせいただきましたので
こちらでご返答させていただきます。


福島の子ども達のためのクリスバズビー・ファウンデーション
http://www.cbfcf.org/

バズビー研究所
http://www.busbylab.com/


上記サイトおよび団体は、
私たち「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」とは
一切関わりのないサイトであり、団体です。
また、当会と支援協力を行なってまいりました
「ふくしま集団疎開訴訟の会」とも一切関わりのない団体とのことです。

クリス・バズビー博士は、「ふくしま集団疎開訴訟の会」を支援されており
現在、バズビー博士本人への上記サイト・団体への関わりについても
確認中とのことです。

当会がブログにて協力を呼びかけました基金への呼びかけは
「ふくしま集団疎開訴訟の会」のメンバーによる提案に応えたもので
バズビー博士本人の承諾のもとで、
バズビー博士が日本から持ち帰っている検体を活かすための検査費用への協力を
呼びかけたものですが、
「ふくしま集団疎開訴訟の会」への確認を再度行なっていますので
それまで、一旦、該当ブログを非公開とさせていただきます。

以上、よろしくお願いいたします。

子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク事務局
posted by 子ども全国ネット at 07:17| Comment(21) | TrackBack(0) | 子ども全国ネットからのおしらせ

2011年09月19日

911 in 明治公園

全国ネットの藤井です。

おそばせながら
9月11日、be-inのイベントへ行ってきました。

9・11・・・


911から10年。

311から半年。

広島長崎のあの日からは
もう66年。




あの日は
全ての人に冥福を捧げる為
明治公園へ向かいました。



会場では全国ネットのブースを出しまして、缶バッチの販売と活動の宣伝などをしました。
ご来場いただいて、声をかけてくださった皆様、ありがとうございました☆

色々な方とお話できて、とても良い刺激になりました。


DSC_0577.JPG
340255_200787629987398_100001684878510_525549_781598550_o.jpg



この日は、普段一緒に活動している自分の職場のレストランの上司やスタッフも来てくれました。

公園内の線量を、上司持参のインスペクターで測ってみましたが
はじの吹き溜まりなんかはやっぱり1μは超えてしまいます。

P9111843.JPG

出店で色々買い食いして買い物をしたりしましたが

中でも西のお野菜はしっかりチェックしておきました☆

P9111848.JPG
P9111846.JPG

ニラなんて本当に久しぶりでした!!!!
ニラとキャベツを買ったので、久しぶりに餃子でも作ろうかしら♪
なんて思いつつ

結局お好み焼きになりました。笑

美味しかったー♪


他にも、空芯菜や岡山のにんにくなんかもあって、大盛況でした。

暗くなってもずっと賑わっていましたよ♪

P9111878.JPG




911は半年と言う事もあって、各地でデモが行われていました。
中でも、新宿は凄まじかったですね。

負傷者や逮捕なんかの騒動もありつつ
1万人はくだらない数だった模様。



デモ行進の人たちが戻ってきてから、更にステージが盛り上がり
制服向上委員会の子達も来ていました。


P9111855.JPG

せっかくなので、応援の言葉と、CDも一枚買ってあげました。
そしてちゃっかりパシャリ。

P9111860.JPG





夜になってからは、キャンドルをピースのマークに
広島、長崎の原発の残り火をお祈りしました。


P9111864.JPG
P9111874.JPG
P9111862.JPG




どうかどうか

皆安らかに眠って下さい。

きっと、変えてみせる。
あなたたちの残してくれた未来を

きっときっと守ってみせます。


子ども達が
無邪気に駆けまわって、笑顔のあふれる日本を

作るのは、作れるのは私たちひとりひとりの気持ちと行動。


一緒に頑張りましょう。
posted by 子ども全国ネット at 22:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動レポート

2011年09月17日

アースダイアログ  〜子どもと未来について語ろう〜(全7回)がスタートします。

アースダイアログ  
〜子どもと未来について語ろう〜
第一回 「子どもたちを放射能から守るために、今必要なこと」
9月24日(土) 17:30~21:00 (開場 17:00)




3.11後、子どもたちを放射能から守りたいと全国から次々と集まった人々が
つくりあげた「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」。

今年7月のキックオフ・ミーティング以来、子どもたちのための様々なプロジェクトが
立ち上がり活動の輪を広げています。

その全国ネットと、震災直後に「アースデイ東京タワー」というボランティア団体を
立ち上げ、被災地の支援を行なってきたアースデイ東京実行委員会が、
「アースダイアログ 〜子どもと未来について語ろう〜」(全七回)を開催します。


第一回目として、9月24日(土)に、
「子どもたちを放射能から守るために、今必要なこと」
を開催いたします。

当日の内容は、トークショー、ダイアローグ(対話)を重ねる
中身の濃いものとなりました。

今知りたいこと、話したいことをみんなでシェアして、
次のアクションへとつなげていきましょう。
ご参加をお待ちしております。




第一部 お話(17:30~18:00)

「放射能・内部被曝のリスクに向き合う」
上田昌文(NPO法人市民科学研究室


第二部 トークショー(18:10~19:00)
上田昌文(NPO法人市民科学研究室)
佐藤昌紀(NPO法人ポラン広場東京)
いとうえみこ(絵本作家・子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク)
こうちあきお(アースデイ東京)


第三部 アースダイアログ(19:15~21:00)


地球についての対話、それがアースダイアログです。
第一部・第二部で感じたことを、ぜひ言葉にしてください。
そして行動につなげましょう!


参加費:1500円
※ワンドリンク付きです。また会場では、
Cafe Slowの通常のお食事他のメニューもご用意していますので、
カフェ気分で対話をお楽しみください。
※お子さん連れの方のための別室(畳スペース)もあります。

定 員: 60名
会 場: 国分寺カフェスロー
http://www.cafeslow.com/map/access.html


共催:子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク アースデイ東京実行委員会
協力:自然育児友の会・カフェ・スロー
地球環境基金助成事業


※このトークイベントは、
来年の地球サミット2012(リオ+20)に向け、
3.11後の日本からの声を届けることを目的に
以下の予定で、来年3月まで月一回のペースで開催されます。
ここでの対話のエッセンスは、Japan Voice として
リオ+20送られる予定です。

・Rio+20 earth2012 地球サミット2012Japan
http://earthsummit2012.jp/home.html

・Earth Daialog
http://earthdialog.org/



「アースダイアログ 〜子どもと未来について語ろう〜」(全7回)


第一回 「子どもたちを放射能から守るために、今必要なこと」
9月24日(17:30~21:00)

第二回 映画 「セバンの地球の直し方」
10月30日(18:00会場 18:30~21:30)
日時が変更となりました。ご注意下さい)

第三回 「3.11後の子どもの食を守る」
こどもみらい測定所キックオフ!
11月26日(11:30~15:30)

第四回 チャリティ・パーティ(予定)
12月17日(17:30~21:00)

第五回 「新しい自然エネルギーの話」
1月14日(11:30~15:30)

第六回 「未来の教育へ」
2月11日(11:30~15:30)

第七回 「子どもたちの声を届けよう」
3月10日(11:30~15:30)




お申し込みはこちらのフォームからどうぞ


posted by 子ども全国ネット at 16:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 子ども全国ネットからのおしらせ

2011年09月14日

【9/21】FoE ドイツ代表来日 国際セミナー in 東京  チェルノブイリの経験と福島の今/市民運動が後押ししたエネルギー政策転換

【9/21】FoE ドイツ代表来日 国際セミナー in 東京
 チェルノブイリの経験と福島の今/市民運動が後押ししたエネルギー政策転換
http://www.foejapan.org/energy/news/evt_110921.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ドイツを脱原発の決定に導いたのは、チェルノブイリ後に各地で巻き起こった
市民運動でした。地元での脱原発運動がつながり、合流して大きな環境団体と
となりました。約48万人の会員を擁するFoEドイツも、この流れの中で誕生し
ました。
このたび、ドイツ最大の環境団体(Friends of the Earth (地球の友) ドイ
ツ)に設立当初から参加し、一個人として、また市民活動家として、放射能や
原子力問題に関わってきた代表のフーベルト・ヴァイガーが来日します。これ
にあわせ以下のように2つのセミナーを企画しております。多くのみなさんの
参加をお待ちしています!

<セミナー1> ドイツの経験と福島の今〜放射能汚染の広がりと市民

■日時: 2011年9月21日(水) 14:00〜16:00
■会場: 衆議院第一議員会館 国際会議室

1986年のチェルノブイリ事故の直後、欧州一帯にも大量の放射能が降り注ぎ、
ドイツでも市民は大混乱に陥りました。きのこやベリーから高い放射能汚染が
見つかり、子どもは外で遊ばせないように、粉ミルクは廃棄・・・、と放射能
影響の深刻さにさらされる中で、原子力発電を問い直す大きな市民運動が各地
で巻き起こりました。チェルノブイリ後の周辺地域、現地の状況や子どもたち
をまもるために取られた方策、補償の問題など、ドイツ・欧州の経験と福島の
今について、話し合います。

 ・「チェルノブイリ後のドイツ・欧州〜放射能汚染の広がりと市民」
   フーベルト・ヴァイガー(FoEドイツ)
 ・「福島の今〜被ばくの現状と市民」 満田夏花(FoE Japan)

■参加費:1000円
■申込: http://www.foejapan.org/energy/news/evt_110921.html
■主催: FoE Japan(フレンズ・オブ・ジ・アース・ジャパン)
(※開始30分前から入館証を配布します。)

<セミナー2> ドイツの市民運動が後押ししたエネルギー政策転換

■日時: 2011年9月21日(水) 17:00〜19:00
■会場: 衆議院第ニ議員会館 多目的会議室

ドイツ市民の脱原発の声は、1998年に社会民主党政権を誕生させ、2002年の脱
原発の制定にもつながりました。メルケル政権で原発延命の議論も出てきたも
のの、福島原発事故直後に再検討を決定。5月30日、改めて2022年までの脱原
発が決定しました。同時に、2000年に導入された再生可能エネルギー買取法に
よって、再生可能エネルギー利用は右肩上がりに上昇、現在、送発電量の2割
にも達しています。ここでも、独自に再生可能エネルギー導入を進める市
民イニシアチブが制度づくりを後押ししました。
エネルギー・原子力政策転換にいたる政策決定プロセスと市民運動について、
ドイツの経験をもとに、FoEドイツの活動についても聞きながら議論します。

 ・「ドイツの市民運動が動かしたエネルギー政策転換」
   フーベルト・ヴァイガー(FoEドイツ)

■参加費: 1000円
■申込: http://www.foejapan.org/energy/news/evt_110921.html
■主催: FoE Japan(フレンズ・オブ・ジ・アース・ジャパン)
(※開始30分前から入館証を配布します。)

---------------------------------------------
◆ゲスト:
フーベルト・ヴァイガー(FoEドイツ代表):ミュンヘン大学教授。1975年よ
りFoEドイツに参加、農業問題研究会メンバー等をつとめる。2007年より代
表。
◆FoE ドイツ(BUND)とは:
国際的な環境団体のネットワークFriends of the Earth(FoE)のドイツメン
バー。約48万人の会員とドイツ各地のローカルネットワークを持つ。原子力問
題は発足以来大きなテーマのひとつであり、現在、福島の状況もウェブサイト
等で知らせ支援を呼びかけている。

※20日夜に福島で講演予定:
 http://www.foejapan.org/energy/news/evt_110920.html

■問合せ:国際環境NGO FoE Japan http://www.foejapan.org
〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-8 みらい館大明1F
tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219 (担当:吉田)
e-mail: finance@foejapan.org
posted by 子ども全国ネット at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 各地のイベント案内